ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

JUKI フットコントローラー YC-310 踏んでも反応が無い

今回はミシン本体ではなく、フットコントローラーのお話。
ロックミシンをご購入いただいた際に、JUKIの電子ミシン、HZL-550電子フローラの修理をお預かりしました。
JUKI初の電子ミシンになるのかな?ペットネームに[電子]と付けてます。
本体と一緒にお預かりしたのがこちらのフットコントローラーでした。
電子フローラは1978年の発売で、コントローラーも最近のピンジャック式とは違い、差込口が特殊で数も出回っていません。
修理代を考えると買換えも検討して頂くとこですが、入手は困難なタイプ。

YDKのYC-310で、たしか1985年登場のHZL-7000~もこのYC-310を使ってたように思いますが、フットコントローラーを使っていた方は少ないようです。
ボタン操作が売りのモデルが続々登場してた頃ですからね。

今回は幸いな事に電気系統の不具合ではなく、機械的な部分の不具合が原因。
YC310_161113_1.jpg

踏み込んだ時に、スピードコントロールをするレバーを動かす部分の金属が、錆により固着していました。内部なので外からは見えませんが・・

金属部分を分解して整備しているところです。
YC310_161113_2.jpg

元の状態に組みなおします。
YC310_161113_3.jpg

JUKI(YDK) YC-310 フットコントローラー (修理完了後)
YC310_161113_4.jpg

手前に足置きがあって、残り2/3が可動してスピードコントロールを行います。
最近のYC-480などに比べても、こちらの方が使いやすいような・・
まーこの構造だとコストも掛かりそうですからね。

ミシンの修理も終え、コントローラーと一緒に納品させていただきました。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。

ミシン本体に限らず、付属品、オプション品の修理・販売も行っております。
スポンサーサイト
[ 2018/06/11 22:25 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

JUKI シュプール TL-25SX 針軸固着

こちらもブログをご覧頂いてのお持ち込み。
長い事使ってなかったJUKIのシュプールがまったく動かないとのこと。
はずみ車を手で回そうとしても動かないとの事で、固着ですね。

当時はフット式の糸切が付いたシュプールはDXとこのSXだけ。
98DXとか25DXとか25SXがありましたね。

今の30もフットコントローラで糸切が出来ますが、奥を踏むと回転、手前を踏むと糸切になってるのでどうも使いにくいです。
98や25の時代はしっかりしたベースに、左側が通常のコントローラで、右側に糸切スイッチが独立して付いてました。

DXとSXの違いは針くらいかな?DXは家庭用針、SXは工業用針を使います。
あとDXには使いにくい針糸通しも付いてますが・・
今の30で言えばDXとSPの関係かな?98や25の時代は別にSPもありましたね。

さて、今回の固着の原因は針軸の錆でした。
TL25SX_180226_1.jpg

ようやく動いた針軸にはしっかり錆が付いてます。
TL25SX_180226_2.jpg

磨いて注油してよくなりました。
TL25SX_180226_3.jpg

もちろん針軸がこの状態ですから、他もしっかり整備させていただきました。
長い間使う予定の無い時は、注油してからの保管をお奨めします。

JUKI SPUR TL-25 SX (修理完了後)
TL25SX_180226_4.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/04/09 23:53 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

JUKI ザ・ミシン HZL-7900 異音

こちらは手芸屋さんご紹介で何度かお世話になっているお客様。
今回はお嬢様所有のミシンを見てほしいとの事。
久しぶりにお預かりするHZL-7900です。

HZL-7000から始まったこのシリーズ、この7900まで長く親しまれたミシン。
形態はそのままですが、ボタン形状等7900は新しさを感じます。
手元ランプがLEDになってるのも新しさを感じる一因でしょうか、最近のミシンはLEDが当たり前になっますけどね。

シリーズには文字縫い出来る機種もありますが、7800からこの7900と最後の方は基本縫いメインの機種のみとなっています。

家庭用ミシンが水平釜全盛の時代に、タテ釜全回転構造を守り続けた機種。
もちろんJUKIでも、このシリーズ以外は水平釜になっていました。

異音がするとのことで、伺って動かしてみるとギシギシすごい音。
一番は釜の油切れが原因です。
金属を引きずる音ですが、全回転タテ釜の場合下糸の調子に大きく影響します。

このシリーズ、底のカバーを外すとご覧の通り、基本寝かせての作業になります。
7900_171220_1.jpg

各部油切れの症状があったので、全体的なオーバーホール作業となります。

JUKI THE MISIN HZL-7900 (修理完了後)
7900_171220_2.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございます。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/04/08 14:46 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

JUKI MO-114D 4本糸ロックミシン 針板破損

ブログがきっかけでお付き合いさせていただいてるお客様。
いつも急ぎで慌ただしい(笑)ですが・・
今回もロックミシンの調子が悪いとのことで急ぎのご依頼。

聞くところによると針板が破損してしまったとのこと。
急ぎ部品を発注して、入荷後ミシンを持ち込んでいただきました。

見ると針板の針状の部品が折れてしまっています。(赤←部分)
2本並んだ隣も下方に大きく折れ曲がっています。
「使い方悪いんですかねー」との事ですが、そーでしょうね(笑)
恐らく縫ってる最中に布を引っぱりすぎてるのでは?
針が当たって折れたり曲がったりしているのです。

左が新品の針板、右が破損した針板で、赤←は破損箇所を示します。
114D_171219_4.jpg

針板を外すと送り歯に埃がぎっしり詰まってフェルト状に。
114D_171219_2.jpg

これだけ詰まってると送りに影響してしまいますね。
114D_171219_2.jpg

修理完了後、試し縫いをして即お渡しです。

JIKI MO-114D (修理完了後)
114D_171219_1.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございます。

福岡市東区JUKIミシン・ロックミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/04/08 14:09 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

JUKI OZE-417 ベルトプーリー交換

ブログをご覧頂いたお客様が、遠く小郡市から持ち込んで下さいました。

JUKIのOZEシリーズの1つ417です。
OZEシリーズはミシン販売店オリジナルモデル。
OZのネームで予想つく方もいらっしゃるかも知れませんね。
まぁかなり前のモデルシリーズですが・・
コンパクトなボディに全回転タテ釜を採用したちょっと変わったモデル。

モーターは回るが針が動かないとのこと。
ベルトの緩みか劣化によるから回り?と予想したのですが・・

分解してみるとベルトプーリーがご覧の状態に。
金属部分の軸が固着した状態で回転させたのか、プラスチック部品のプーリーが溶けてしまっています。
本来、軸とプーリーは一体で、このようバラバラにはなりません。
OZE417_3.jpg

もうこのミシンの部品はメーカー対応は終了しています。
さぁどうしましょう・・お!ちょうど部品取りのOZEが!

さっそくプーリー部分を取り出してみましょう。
うん?ちょっと構造が違います。
幸いステーの形状が違うだけで、プーリーの形状は同じでした。

①が元のプーリーで、→部分から金属の部品が抜けてしまっています。
②が部品取りのもので、本来はこのようになっています。
それぞれの上に置いたステーの形状が違うのが分かるかと思います。
OZE417_4.jpg

元のステーに部品取りから外したプーリーを取り付けます。
OZE417_2.jpg

ウレタンベルトも劣化していたので交換です。
右側が元のベルトで、中から繊維が飛び出してしまっているのが分かります。
OZE417_1.jpg

お客様の愛情が感じられたこのミシン、無事に修理出来て良かったです。

部品の供給が終了してしまったミシンでも、今回のように対応出来る場合もございます。他店で断られたからと諦めずに御相談頂ければと思います。

この度はミシンテックへ修理のご依頼を頂き有難う御座いました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2017/11/29 11:02 ] JUKI | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: