ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー フィットライン 6200 回転不良 糸調子不良

シンガーの電子ミシン、フィットラインの修理をお預かりしました。
こちらのお客様もブログをご覧頂いてのご依頼。
確か引越し前にお預かりして、仕上がりは新居にという事でした。
いずれも同じ東区内で、割と近所でした。

一緒にJUKIの4本糸ロックミシン(MO-766)もお預かりしたんですが、画像が・・
どっかに有ると思いますので、いずれご紹介出来ればと。

シンガー日鋼時代の丈夫な作りのフィットライン。
今まで数多く修理させていただいてますが、致命的な故障って今まで無いんです。
今回も油切れによる回転不良と、上糸テンションの調整で良くなりそうです。

フィットラインシリーズでも、型番によって模様選択位置の表示が違ったりしますが、この6200は中で円形の選択表示(青い円盤)が回って小窓に表示されます。
横長に表示されるタイプもあって、そちらはダイヤルから紐を介して動くようになっています。分解した際、見た目ちょっと複雑になります。

このガチャガチャっと模様切り替えるタイプ、ダイヤルが重くなってたら要注意。
無理に回すと内部のカムという部分が割れてしまう場合があります。
ほとんどの機種、カム部分はプラスチックで出来ていますので。

今回も重くなっていましたので、そこもちゃんと直しておきました。
6200_161226_1.jpg

お仕事でダンス衣装を縫うことが多いらしく、釜の下にはラメがいっぱい。
スパンコールとかラメとか、ダンス衣装には多いんです。
それらが糊付けしてあって、針に糊が付くとトラブルの元にもなります。
専用では無いですが、糊の影響を受けにくい針も御座います。
ダンス教室の先生に使っていただいてるんですが、割と評判いいです。
6200_161226_2.jpg

内部の汚れを綺麗にした後、各部注油して動きは軽くなりました。

上糸テンションの調整もしておきました。
フィットラインシリーズ、糸調整ダイヤルは[自動]になってますが、これはあくまで機械式。[標準]と理解して使っていただいたほうが良いかと・・
[自動]と書いてあるほうが売りやすいですからね(笑)
自動や標準の位置で明らかに縫い目がおかしいのは、調整が必要な場合がございますので、御相談頂ければと思います。

SINGER fit line 6200 (作業完了後)
6200_161226_3.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2017/06/27 15:28 ] SINGER | TB(0) | CM(0)

シンガー アプリコット 9780 上糸調子不良

福岡市は入梅しましたね。
今年は例年より遅かったようで、そーいえばつい先日までは晴天続きでした。

さてさて、お久しぶりのミシン記事です。
先日もブログをご覧頂いてご依頼のお客様から、ミシンよりでんしゃが・・
と言われてしまいました(笑)

アプリコットシリーズの最終型、モデル9780です。
コンピュータミシンの中では整備しやすい、私の好きなミシン。
ガッチリボディーで縫い調子もいいんです。

今回のご依頼は、上糸の調子が悪いとの事。
上糸の調子が弱い感じです。
今もアプリの修理が入っていますが、そちらは上糸が強すぎ。
整備しやすいと書きましたが、上糸調子に関してはちょっと厄介な部分。
電子制御式の糸調子器なんです。

今回の原因は単純な事でホッとしました。

2個の白いローラー部分にある黒いガードを外します。
9780_160908_3.jpg

糸を繰り出すローラー部分に糸がいっぱい絡んでました。
これが糸調子不良の原因。
9780_160908_4.jpg

こちらは糸調子と関係ありませんが、中のほうにも糸がらみがありますね。
最近のミシンはカバーに覆われてるので、中がよく見えないんですよね。
9780_160908_2.jpg

アプリシリーズによく見られる針板の曲がりもありました。
針が当たって針板が曲がる・・この針板、意外と弱いんです。
たたいて修正、針傷も削って修正しておきます。
9780_160908_5.jpg

SINGER Apricot 9780 (作業途中)
9780_160908_1.jpg

完了後の画像が無くてすいません。
作業は無事に完了して、糸調子もよくなりました。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2017/06/07 04:18 ] SINGER | TB(0) | CM(0)

シンガー メリット 7800 ベルトプーリーひび割れ

ブログをご覧いただいてのご依頼で、シンガーの学校用ミシン「スクールメイト」の修理に出掛けました。直線専用のスクールミシンです。

現在もスクールメイトの名で販売が続いてますが、この日修理させていただいた日鋼時代のモデルからすると、ずいぶんスタイルが変わって今風になってます。

さて、今回はそのスクールメイトではなく、もう一台別にお預かりしたミシン。
現地修理のスクールメイトは写真がありません<(_ _)>
クルクルっと模様選びが特徴のシンガーメリット7800です。

お知り合いから譲り受けたそうで、長い間使っていなかったものだそうです。
あちこち固着してしまってるのと、動かしてみるとカチカチ異音が発生してました。
はて?何の音でしょう。
現地でははっきりした原因が分からず、持ち帰って詳しく調べてみます。

音の原因はここ。下糸巻きのベース部分のネジ緩みで、回転時はずみ車内側のベルトプーリーに接触していました。
7800_160901_7.jpg

さぁ、後は固着した各動作部分を整備して行きましょう。

針軸も固着して左右の振りが利かなくなっていました。
この状態だとエラーが発生して動かない事もあるんですが、今回はそれは無かったです。まずは古くなったグリースやらを綺麗にしないといけません。
7800_160901_3.jpg

こちらの御主人、家電メーカーに長くお勤めだったそうで、機械にお詳しい方。
この内部の基板を見て、使ってる部品が懐かしい~とおしゃってました。
最近のは各部品ずいぶんと小型化されてますからね。
「その分壊れやすくなってるような気も・・」には同調されてました。
7800_160901_2.jpg

さぁ、整備も終わり組上げての試し縫い。ん・・?何でタイミングがずれてるの?
組上げる前はちゃんと確認したのに。
あ!もしかして・・そーなんです、この7800は下軸のベルトプーリーにプラスチックが使われてまして、それがひび割れてました。(赤→部分)
ありゃ、確認ミス!お客様に納期を延ばしていただいて、部品発注。
この作業は下軸を抜き取っての大掛かりな?ものとなります。
7800_160901_4.jpg

部品が届きました。
後のモデルからはギヤ部分含めオール金属製。左側のそちらのタイプに交換。
これなら破損の心配も無くなりますね。
7800_160901_5.jpg

プーリーを下軸に組み付けて、下軸を元の位置に戻します。
下軸を外すと送りや釜のタイミングがずれてしまいますので、ここから調整作業。
7800_160901_6.jpg

部品を待ってる間に外装クリーニングを済ませておいたのでピッカピカ。
年式の割りに日焼けも少ないミシンでした。

SINGER MERRITT Computer 7800 (修理完了後)
7800_160901_1.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2016/09/28 01:50 ] SINGER | TB(0) | CM(0)

シンガー モナミ パステル 釜に糸が絡まる

ブログをご覧頂いた方から「シンガーブルーチャンピオンの整備を」とのお電話をいただきました。久しぶりの足踏みミシンの整備です。

お祖母様が使われてたミシンとのことで、そちらから車で運んでくるとのこと。
「積んだはいいけど降ろせない」。
なので運んで来られるのを待ってお伺い。
なるほど、頭部を台に付けたまま。「重たいのによく積めましたね」。
降ろす時は東頭部を外して・・「え、そんなに簡単に外せるんですね」。
職業用ミシンの頭部は、家庭用ミシンと違ってネジで固定してないから、外して運ばないと危ないのです。何と言っても重たいですしね。
ま、頭部を外してもご自宅は駐車場から数段階段を上がらなくてはいけません。
こんな時は遠慮なく運ぶのをお任せ下さい。

と、足踏みミシンの話を書いておきながら、作業の話はコンピュータミシンです。
同じシンガーのモナミパステル。
モナミと言えばシンガー伝統の名前ですね。
昔のモナミとは似ても似つかぬって感じですが、今はこのボディのモナミです。
このボディ、モナミ以外のペットネームでも販売されてる、今のシンガーブランドのミシンでは割とメジャーなモデル。
操作パネルの違いや、糸切の有り無しなど、モデルごとに色々あります。

ブルーチャンピオンをご依頼頂いた際、もう1台と言う事でご依頼頂きました。
釜に糸が絡まるように食い込むとの事。
糸流れを見ると、内釜のストッパー部分に糸が引っかかります。
ストッパーの板バネ部分が変形してるのが原因でした。
pastel_160821_4.jpg

修正、交換どちらかでの対応となりますが、一度変形したものを元に戻すと、変形の度合いにもよりますが強度が無くなります。
今回は大きく変形していたので、長い目で見て交換対応させていただきます。

部品待ちの間に分解整備を済ませておきます。
pastel_160821_3.jpg

外装クリーニングのため電装品を外した状態。
操作パネル部分はこのように外れて、色々なモデルに対応可能となっています。
pastel_160821_1.jpg

上部にある青い開閉カバーの爪が折れていて、カバーが脱落した状態でした。
無くても使えるんですが、せっかく綺麗になったので、カバーも修理しておきます。
いつものプラリペアとファイバーパテ。
裏側とは言え見えるところなので、パテのグレーがちょっと気になります。
お客様に確認していただきましたが、気にならないとの事。
それよりもカバーが直ったのを喜んで頂けました。

SINGER mon ami pastel (修理完了後)
pastel_160821_2.jpg

この度はミシンテックへ整備と修理のご依頼を頂きありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2016/09/22 00:56 ] SINGER | TB(0) | CM(4)

シンガー 103 Super UTT プリューム 社外部品取付

ブログをご覧になった方が、沖縄から宅配便でご依頼下さいました。
シンガーの職業用ミシン、プリュームです。
内容はマジックかけとサブテンションの取付、モーターとフットコントローラをYDKに交換と言うものでした。

マジックかけというのは、そこに糸を掛ける(通す)と糸調子が安定するという優れもの。ちと値段が高いのが気になりますが・・

マジックかけはお客様が用意されたものを一緒に送っていただき、他の部品に関してはこちらで手配させていただきます。

モーター交換と言う事で、てっきり壊れてるのかと思いましたが、コントローラ無しをオークションで購入されて、コントローラが手に入らないとの事。
ん?たしかこの前発注した時あったよな・・問い合わせると発送可能との事。
お客様にお伝えすると、諦めていたのですごく嬉しそうでしたヽ(´∀`)ノ

そうこのミシン、専用モーターの電子ミシンなので、社外モーターに交換すると自動糸切が使えなくなったりと色々問題があるんです。

コントローラの到着を待って作業開始です。
他の作業に入る前に動作確認しときたかったもので・・
結果動作に問題ありませんでした。

まずはマジックかけの取付ですが、取り付けには本体にネジ穴を開ける必要があります。
位置を決めて、テープで仮止めしてから糸の流れ具合の確認と、お客様に画像をお送りして、取り付け位置の了解を頂きます。
103utt_160617_1.jpg

ドリルで下穴を開けて、タップでネジ立てを行います。
今回は下に付く糸掛けのネジ穴に合わせて、4mmでネジ立てを行いました。
103utt_160617_2.jpg

次にサブテンションですが、取付位置形状の近いJUKIのものを取寄せました。
元の糸掛けは取付部の金属が薄いので、JUKIの厚さに合わせて取付部のプラスチックを削りました。
103utt_160617_4.jpg

マジックかけとサブテンションの取り付けが終わりました。
サブテンションは糸切スイッチ操作時にも干渉することなく、違和感無く収まってくれました。
103utt_160617_5.jpg

マジックかけ下の糸掛けと、糸案内(アンテナ)も交換して欲しいと、追加でご依頼いただいたんですが、ここで1つ問題が・・
糸案内の取付部分が劣化でひび割れ。ネジを外すと完全に割れてました。
ネジでかろうじてくっ付いてたようです。
ここはJUKIのシュプールのように、金属だとこう言うことは無いんでしょうけどね。
103utt_160617_6.jpg

プラリペアで接着した後、ファイバーパテで強化しておきました。
103utt_160617_7.jpg

一通り作業が完了しました。
103utt_160617_8.jpg

あとは通常の整備作業をさせていただき完了となります。
103utt_160617_9.jpg

これが専用モーター。交換せずに使えたのが何よりでした。
103utt_160617_11.jpg

SINGER Super UTT PLUMEUX (作業完了後)
103utt_160617_12.jpg

この度はミシンテックへご依頼下さいましてありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2016/07/01 01:36 ] SINGER | TB(0) | CM(4)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: