ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

ブラザー ヌーベル400 職業用ミシン 自動糸切出来ない

ブラザーの職業用ミシン、ヌーベル400の自動糸切不具合での修理依頼。
糸切ボタンを押してもまったく糸が切れない状態です。

職業用ミシンと言えばJIKIのシュプールが人気ですが、このブラザーヌーベルシリーズもJUKIに次いで人気のある機種です。
ただ上部カバーがシュプールと比べプラスチックなので、より戻しや下糸巻きなどネジ止め部分が経年劣化でヒビが入るのが残念なところ。

糸切の構造もシュプールとヌーベルでは大きく違います。
シュプールは水平方向に動くカッターですが、ヌーベルは回転式。
釜の周りをくるっと回転して糸を切ります。

今回はその回転を制御する部分の固着が不具合の原因でした。
確認してみると金属部分が白く腐食していて、抜き取るのに一苦労でした。
400_161101_1.jpg

磨いて注油をしたら組み付けて、不具合部分の修理は完了です。
400_161101_2.jpg

職業用ミシンの自動糸切に関しては割りと丈夫で、不具合はそうありません。
ただ、いざ不具合が出ると原因が様々、頭を悩ませる事もしばしば。
カッターの動くタイミングがずれてたり、カッターの歯が欠落してたなんてことも。
あと、糸は切れるのに切った糸がピョンっと針穴から抜けてしまうトラブルも。

あって当たり前になってると、いざ使えなくなるとものずごく不便に感じますよね。

家庭用ミシンでも自動糸切付の機種が増えましたが、糸切の構造は様々。
糸が切れなくて困っているお客様、ぜひミシンテックへご相談下さい。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございます。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2018/06/11 08:52 ] brother | TB(0) | CM(0)

ブラザー M-7000 布送りが出来ない

刺しゅう機能付きコンピュータミシン、M-7000の修理をお預かりしました。
このミシンが修理不可能と言う事で、他店で新規にミシンを購入されたそうです。
ところが使用感が悪いらしく、やはりどうしてもこのミシンを使いたいとの事。

この方はほぼ毎日ミシンを使われる方で、これはどうにかして差し上げたい・・
症状おお聞きすると、布送りが出来ないとの事。
この一連のシリーズによくある症状で、それならなんとかなろそうです。
ところがもう1つ、押さえホルダーの破損が・・部品交換で済みそうでしょ?
が、部品のメーカー出荷はとっくに終了しています。

このホルダー、通常のネジで取り付けるタイプではなく、刺しゅう時を考慮してワンタッチ交換出来るようになった特殊な物。中古部品を探そうにもそうそありません。

右が破損した押さえホルダーで、左が刺しゅう用の押さえ。
M7100_160701_3.jpg

おちこち探し回った結果、同メーカー別機種のホルダーが使えそう。
ところが押さえ軸の形状が違う・・う~ん困ったなぁ・・
結果押え軸も交換することにして、また問題。刺しゅう用の押さえが使えない。
軸の形状が違うから当然なんですが、取付け部を加工する事に。

あと釜のぐらつきがものすごく気になります。
ネジでも緩んでるのってくらいに動きますが、何ででしょう?
釜の歯車部分が磨り減ってました。
M7100_160701_2.jpg

通常ここまでなることはまれなんですが、こちらのお客様はほぼ毎日ミシンを使われる方で、刺しゅうも活用されてきました。
連続使用でプラスチックも磨耗が早まったようです。ま、長年使用の結果ですが。
ストック部品に状態のいいのがありましたので交換させていただきました。

送りの不具合はセンサーエラーによるもので、調整で修理可能でした。

brother M-7000 (修理完了後)
M7100_160701_1.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございます。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/06/04 11:06 ] brother | TB(0) | CM(0)

ブラザー コンパルDX ZZ3-B756 糸調子不良 下糸巻き軸固着

福岡市も梅雨入りが発表されました。
今年は例年に比べちょっと早いようです。

雨の日は屋内でのんびり手芸をして過ごしてはいかがでしょうか?
そして調子の悪いミシンはミシンテックにお任せ下さい(笑)

ブログをご覧頂いたお客様からブラザーコンパルの修理のご依頼です。
コンパルはこれ以前、これ以降も長く使われるペットネーム。
でもコンパルと言えばやはりこの形。
ダイヤル式模様選択から、センサータッチ式模様選択になったモデル。
センサータッチと言ってもフェザータッチではないですが・・
しかも一方向にしか選択出来ないので、選び損ねたらもう一回り。
さすがに時代を感じてしまうというか、ダイヤル式の方がいいような・・
まー当時は売りの一つだったんでしょうね。

スピード調整はこのモデルまで3段切替のボタン式。
この後無段階スピード調整の、レバー式になったモデルが登場します。

さて、修理の話に参りましょう。
糸調子が悪いのと、下糸巻きの軸が固着していてまったく回転しません。
各部開けながら確認してみます。
コンDX_160428_1

よくある釜の下側ではなく、上側が外れるようになっています。
埃や糸くずを除去して、グリスを拭き取ったのち溶剤でクリーニング。
画像はまだ作業前の状態です。
クリーニング後注油するんですが、釜の油切れは糸調子にも影響します。
コンDX_160428_2

背面側からミシン上部を覗き込んだ状態で、右上の白いダイヤルが上糸調整。
糸調子の不具合は、この糸調子器周辺に原因がありました。
ネジ緩み、バネのへたり、糸受皿への埃の混入等色々な原因があります。
コンDX_160428_3

下糸巻きの軸は分解後クリーニングして注油で軽くなります。
劣化していたゴム輪と、変形していたボビン受けのピンを交換します。
コンDX_160428_4

針軸が若干右寄りになっていたので位置調整もしておきます。
色々ありましたが、大まかな原因は油切れによるもの。
まだまだ使えるミシンですので、こまめにメンテナンスされる事をお奨めします。

brother COMPAL DELUXE (ZZ3-B756) (修理完了後)
コンDX_160428_5

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/05/29 00:38 ] brother | TB(0) | CM(0)

ブラザー イノヴィス N80 (EMS09) 下糸巻きが出来ない

糸カセットでお馴染みの(と、もう過去の物になりつつありますが・・)イノヴィス。
画期的なミシンと思ったんですが、糸カセットのセットに戸惑う方が多いのも事実。
間違って差し込むと壊す恐れもありますからね。

今回はイノヴィスシリーズの中でも、刺しゅう機能が付いたN80です。
付属の刺しゅう機を取り付けると刺しゅうが出来ます。
刺しゅうミシンとしてはコンパクトですが、ブラザーは割りとこのクラスも多いです。

今回のご依頼は刺しゅうとは無関係、下糸巻きが出来ないとのことです。
こちらもブログをご覧いただいたお客様が持ち込んで下さいました。

確認してみると、あらあらゴム輪が溶けてしまっています。
N80_180404_4.jpg

溶けた状態で動かしてしまったらしく、あちこちにゴムが飛び散ってます。

下糸巻きのユニットを外してみたらこんな感じ。
N80_180404_7.jpg

溶けたゴムが回転部分にも入り込んでますね。
N80_180404_6.jpg

分解してきれいに取り除きました。
中央上の黒い輪っかが新品のゴム輪になります。
通常使われるゴム輪に比べてかなり小径。
N80_180404_5.jpg

内部に飛び散ったゴムや埃もきれいに掃除して各部注油。
N80_180404_2.jpg

↑ここまで開けないとゴム輪の交換が出来ません。

せっかくなので前面の裏側も。
基板類はこちら側に取り付けられています。
N80_180404_3.jpg

見てお分かりのように、ブラザーのコンパクトによくあるフレームレス。
外装のプラスチックに各種部品が取り付けられてます。
こんな構造ですから、無理はさせないで下さいね(笑)

brother Innovis N80 (EMS09) (修理完了後)
N80_180404_1.jpg

でも糸カセット・イノヴィスは面白い!だけでなく実用的でもあります。
他に類のない独創的なミシンです。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/05/21 23:08 ] brother | TB(0) | CM(0)

ブラザー コンパルデラックス 異音

何年ぶりでしょうか、もう10年近くなるのかな?かなぁ~り久しぶりのお客様からお電話をいただきました。
忘れずにいて下さった事に感謝感謝です。

うちから購入していただいたロックミシンと、以前から所有されてたブラザーのコンパルの修理をご依頼いただきました。
ロックミシンと同時にJUKIのコンピュータミシンもご購入いただいてたんですが、そちらはほとんど使わずにしまい込んでいたとの事。
使い方を忘れたのでもう一度・・と言う事で、修理をお預かりする際に使用説明。
お届けの際に、こんな便利なミシン今まで使わずにいたなんて・・と、大笑い。
だからお奨めしたんですよ(笑)

さて、お預かりしたコンパルですが、ギーギー金属を引きずる音。
釜の油切れが原因です。
「変な音がする」とのご依頼の原因はこれだったんですが、話していると他にも色々不具合があるようです。

スピード調整が低・中・高の3段階ボタン切替なんですが、選択した通りのスピードで動いたり動かなかったり、どうにも落ち着きません。
この症状は当時のコンパルによくあって、直らない場合(私が直せないだけ?)もありますが、今回は接点磨きと調整で良くなりました。

このシリーズのコンパルは、模様切替でこの縫い目長さの調整ダイヤルと、振り幅調整ダイヤルが一緒に動くようになっています。
ガチャガチャ機械的な動きが面白いです。
その縫い目の長さ調整ダイヤルがガチガチに動かなくなってました。
これは固着が原因ですが、軽く動くようになるまで結構な時間を要しました。
この作業してると指が痛~くなるんですよ。

釜の所は底が外せるのが多いですが、このシリーズは上が針板ごと外せます。
詰まってた埃や糸くず、古いグリースなどを除去して綺麗になりました。
CDX_180406_2.jpg

外した釜部分の蓋の裏側はこんな感じ。
CDX_180406_3.jpg

針穴の部分がスライド式に動くようになっていて、直線とそれ以外で針穴の形状が変化する構造になっています。
その部分によくゴミが詰まるのと、内側の針板が薄いので変形しやすいのです。
分解して掃除と修正をします。
CDX_180406_4.jpg

スピード調整ボタンの下にメイン基盤が入っています。
基盤や電子部品が時代を感じさせますね。
CDX_180406_1.jpg

brother Compal DELUXE (修理完了後)
CDX_180406_5.jpg

今回お預かりしたのは1979年登場の760シリーズですが、デラックスの他にコンパルエースもありましたね。
1970年代のミシンとは言え、まだまだ使ってる方の多いコンパルシリーズ。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2018/04/15 00:56 ] brother | TB(0) | CM(2)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: