ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話
月別アーカイブ  [ 2012年07月 ] 

シンガー T6390 針板のお話

九州北部地方の梅雨明けが発表された今日、発注してた部品が来たらまとめて作業しようと思ってたんですが、どうやら明日になるみたい。昨日急ぎで預かったシンガーT6390のみ仕上げました。

SINGER T6390
__IGP3365.jpg

そのT6390なんですが、作業は毎度の釜バランス調整でした。この機種はとにかく釜ズレが多い・・ので、今日は修理とは関係無いですが、針板のお話をさせていただきます。

今回お預かりした針板のすべり板(ボビンを出し入れする時に開閉する透明のプラスチック部分)は跳ね上げ式なんですが、同じT6390でも手前にスライドさせて開閉するタイプの物も存在します。スライド式の分は補助テーブル部分に、手前にスライドする際の凹状の逃げが作ってあります。T6390はスライド式が多いように思います。
__IGP3369.jpg

このように同じ機種ながら違いがあって、部品発注時には注意が必要です。以前、同じシンガーのT6900という機種で針板を発注した際にも同様のことがあって、その時は送り歯の形状も違っていて大変でした。しかもメーカーさんがその事を把握してなかったんですよねー。



スポンサーサイト
[ 2012/07/23 22:30 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: