ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話
月別アーカイブ  [ 2015年07月 ] 

JUKI シュプール96 デラックス (TL-96DX)

ブログをご覧頂いたお客様から、職業用ミシンの整備をとのことで、御連絡、お持込いただきました。故障してる分けではなく、整備をしてほしいとのご依頼でした。

職業用と言えばのJUKIシュプールなんですが、TL-90やTL-98はよくお預かりするのに、このTL-96やTL-21などは、たまぁ~にしか見ないですね。

天板を外すとご覧の通り基板が現れます。何度も言ってますが電子ミシンですね。
TL96_150620_1.jpg

基板を外すと・・おぉ綺麗!
TL96_150620_2.jpg

縫い調子に大きな影響を与えるほどではないですが、釜周辺に糸がらみありです。
TL96_150620_4.jpg

年数の経ったシュプールでは、ここ(赤→)のひび割れがよく見られますね。
TL96_150620_5.jpg

ぱっくり開いてしまったものや、砕けてしまったと言うのはまだ見たこと無いですが、この部分が割れてしまうと自動糸切が正常に作動しなくなります。

この程度では影響は無く、ここは様子見です。万が一交換となると工賃がですね・・

下軸周辺も上軸同様、目立つ錆も無く綺麗です。埃や糸がらみを除去、古い油脂を洗い流してから注油とグリスアップです。各部ネジ類の緩みもチェックですね。
TL96_150620_6.jpg

糸立てが1本折れてしまっていたので、ドリルで穴を開けて、シンガーの古い機種の糸立てを加工して取り付けさせて頂きました(赤←)。元のは硬質プラで折れやすいんですが、取付けたのは軟質プラなので柔軟に対応してくれます(^_^)
TL96_150620_7.jpg

下糸巻きガイドが曲がっていたので、正常に糸巻きが出来ませんでしたので修正。
TL96_150620_8.jpg

「ここ曲がってたので修正しておきました」「そうなんです、下糸巻けなかったんです」
とのことで、見落としたままお返ししてたらえらい事でした・・ほっ。

デラックスと言えばこれ!このフットコントローラが使いやすいんですよねぇ。左が通常のフットコントローラ部で、右の赤いとこを踏むと自動糸切になります。重量がそこそこありますので、フットコントローラが安定してるんです。
TL96_150620_9.jpg

TL-30以降はフットコントローラが変わったんですよね。かかとを踏込むと糸切りの工業用ミシンと同じ機構とは言いますが・・安定感がまったく違うんです。慣れないと変なとこで糸切ってしまうし・・まぁ私の場合工業用ミシンでよくやっちゃいますけどね。

あとデラックスの特徴といえば家庭用のHA針を使う事。工業用の丸針は取付けを間違われる方も多いですが、家庭用のかまぼこ型なら取付けミスは少ないです。

JUKI SPUR96 deluxe (TL-96DX) 整備後
TL96_150620_10.jpg

この度はミシンテックへ整備のご依頼をいただき、ありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2015/07/28 21:24 ] JUKI | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: