ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話
月別アーカイブ  [ 2017年06月 ] 

JUKI HZL-9900 スーパー・ザ・ミシン ソーイングEX

先ほどのプラリペア作業の続きをしてます。
あとは乾くのを待って組み付け。
まーそこまで行くのは夜が明けてからでしょうけどヽ(´∀`)ノ
他にもミシンがいっぱい溜まってるので、待ってる間に他を進めないと・・

ちょっと休憩がてらブログの更新・・
こちらもいっぱい溜まってるから少しづつでも更新しないとですね。

今回はJUKIのコンピュータミシン、HZL-9900。
9900でいいんですが、ペットネームは何とも長い[スーパー・・]
1990年に登場した、大型模様や文字縫いも出来るミシン。
同型カラーリング違いのAT-3800もあります。
そちらはペットネームの[ソーイングEX]のところが[ぬいひめEX]となります。

ブログをご覧頂いたお客様が、「整備を」とのことで持ち込んで下さいました。

外装外すと「どぉ~ん」と大きなメイン基板。
基板に付いた埃をエアーでシュ~っと飛ばします。
9900_170305_4.jpg

HZL-8800や9800、そしてこの9900と必ずといっていい劣化部品がここ。
赤→部分のゴムが粒状に砕けてしまってます。
大型模様を縫う際に、針を落とすとこ落とさないとこで針軸を制御するんですが、このゴムが劣化してるとそれが利かなくなります。
ということはこの状態ですと大型模様が使えなくなる可能性が・・
「模様は使わないから」と言う事であれば、そのまま使えない事も無いですが。
9900_170305_2.jpg

もう一箇所、こちらの赤→部分にも同じくゴム部品が使われています。
こちらはかろうじて原型を留めていますが、さわったらウニュ~っと溶けた状態。
すでにゴムの役目は果たしてません。
針の振り位置を調整するもので、こちらも大型模様に影響します。
この状態ですと、大型模様縫った時に、針が右に振りすぎてしまい針板に当たって針折れします。下手すると勢いで針が飛んでくる事も・・
9900_170305_3.jpg

大型模様も使ってみたいとの事でしたので、今回はゴム部品の交換となります。
ゴムのみではなく、金属のステーも一緒に交換(組部品)です。
が、後に紹介した部分はメーカー出荷が終了しています。毎度の事ですがステーはそのまま生かして、ゴム部分だけ別のゴムを加工して取付け。
上の部分も以前まとめて発注したので、今も出荷があるかは?
そろそろ残り少なくなってきたし、確認しとかないといけませんね。

整備を進めつつ外装のクリーニングも行っていきます。
ここまでバラバラにして・・
9900_170305_1.jpg

大型模様も縫えるようになって、外装もピッカピカ~に仕上がりました。
もちろん他の動作や縫い調子も問題無し!

JUKI HZL-9900 Super The Misin So-ing EX (作業完了後)
9900_170305_5.jpg

HZL-8800・AT-1800・HZL-9800・AT-2800・HZL-9500・HZL-9900・AT-3800・AT-4800・HZL-1000等、同じ構造のミシンで大型模様を使われる方は、一度ゴム部品の点検をされる事をおすすめいたします。

この度はミシンテックへ修理のご依頼を頂きありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2017/06/29 02:31 ] JUKI | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: