ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

石田 Tailor IJL-358 モーターカーボンキャップ抜け

この週末の福岡市は久しぶりの青空でした。

特に土曜日はいい天気だったんですが、持込みのお客様があり、夜は新年会。

日曜日も午前午後と宗像市への出張修理、夕方追加で新宮町からの修理依頼があって、天気良かったんですが電車の写真は撮れずじまい(つД`)ノ

まぁミシンいじってるときが一番楽しいんですけどねヽ(´∀`)ノ

今回は石田の3本糸ロックミシン、テイラーIJL-358の修理です。

実は現地修理のミシンなので作業画像がありません・・スイマセン。以前整備させて頂いた別のお客様の画像がありましたので、そちらを使わせていただきました。

石田の・・なんですが、ジャノメのロック?製造販売どっちがどっちかな?

今のミシン業界ではよくあることですが・・

外装デザインはオリジナル感出してますが、ルーパー周り見るとジャノメですね。
IJL358_151116_2.jpg

今回の修理依頼は「電源は入るけど動かない」と言う事。フットコントローラーを踏んでも反応が無いとの事で、とにかくお伺いさせていただきます。

はて、原因は?

ルーパーカバー部開放時の安全機能=このミシンにはありません。
モーターカーボンの消耗=それほど使われてません。
コントローラー、配線の断線=別コントローラーでも同じ症状。

何よりまだ新しいですから・・

中を確認してみましょうと横倒しにして、その時コントローラーを何気に踏んだら動いた(;゜0゜) あれ?もう一度起こして動かしてみると、ちょっと動いてたんですがまた同じ症状。

これは!と底板を外すと黒いものがポロリ・・モーターカーボンのキャップが割れて、カーボンの先に付いたバネがビョ~ンでした。

カーボンキャップの交換で終わるんですが、外装を外してモーター外してと結局大掛かりな修理に。せっかくなので内部の注油もさせていただきます。

カーボンやキャップ(YDKのみ)は常に持ち歩いててよかったです。

まだ新しいのにキャップが割れるなんて・・寒さでやられたかな?まぁプラスチックの形成加工品ですから、当たり外れもあるんでしょうね。

ISIHDA Tailor IJL-358 (今回記事内容のミシンとは別作業分)
IJL358_151116_1.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区ロックミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2016/02/01 11:14 ] ロックミシン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: