ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー メリット 5500 NUI-COM エラー表示

ブログをご覧のお客様から、「動かない」と言う内容で修理のご依頼を頂きました。
動かないにも色々ありますが、どうやら軸の固着のよう。
エラー表示とエラー音も出てるらしく、軸の固着によるものと思ってました。

お預かりしてまずは軸の固着を直します。
スムーズに回転するようになったんですが、「あれ?」エラー表示のまま・・
他に原因があるのか・・(つД`)ノ

色々試してみて時々動くようにまで回復。
が、やっぱりおかしい。

最終的にE5だったエラー表示はこんな状態に・・
5500_160213_4.jpg

原因はメイン基板の不良によるものでした。
5500_160213_5.jpg

これは基板交換になりますが、年数が経っているのでメーカー出荷は停止。
部品取りを探して交換するのが、予算的、納期的にも一番いい選択かと・・

ところが後継モデルの5550(NUI-COM DX)は見つかるけど、肝心な5500なかなか見つかりません。
結局5550の基板を5500に移植することに。

とは言え5550には追加された機能があって、スイッチや配線が増えてます。
5500_160213_6.jpg

なんやかんや苦労の末、5500へ5550の基板移植が完了しました。
5500_160213_1.jpg

5550はピンプラグ式のフットコントローラが使えるようになってるんですが、必要ないとのことでしたので、その部分の配線は移植してません。

似たような外観だけど、基板は随分と変わってるんですね。

針の上下停止位置選択スイッチの追加、スピードコントロールのスライドスイッチ化など、操作パネル部分も大きく変わってるので、お客様の了解を得て、パネルは5550のものに交換してます。

こうして見た目5550な5500として復活させることが出来ました。

ここまでするなら5550を中古で出したほうが・・と言われそうですね。
けど、使えなくなった2台のミシンが1台でも復活出来ればという考えです。

修理で受けて、その予算内で出来るのであれば、簡単に買換えをお勧めするより、修理してお客様にお返ししたいですからね。
もちろんお客様に御了承頂いた上での話ではありますが・・

SINGER MERRITT SRE-5500 NUI-COM (画像無し)
すいません、また完了後撮り忘れました・・

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。
また、修理内容に快く了承下さり、ありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2016/06/09 08:31 ] SINGER | TB(0) | CM(2)
だよねー
基板がイった挙句、部品もないと来たら、普通は修理不能ですよね。
ミシンは良かったー。他の電化製品なら、ぜーったい修理してくれませんヨ!

ブログ、最近は良い営業部長になってくれてますねー。
私もちょっと考えようかなー。
[ 2016/06/09 15:34 ] [ 編集 ]
Re: だよねー
おかげで狭い作業部屋に部品取りミシンがどんどん溜まっていってますが・・
「もしかしたら」でなかなか処分出来ないんですよね。

数年前まとめて十数台処分したんですが、「取っとけばよかった」が何度もありましたから。
とはいえ狭い部屋にそうそう置けないのも現実なんですが。

ミシンと言うよりほどんどでんしゃなんですが、おかげさまでブログ経由のお客様も多いですよ。
でんしゃの記事も合わせて楽しみと言う方もおられますしね。
[ 2016/06/09 22:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: