ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー メリット 7800 ベルトプーリーひび割れ

ブログをご覧いただいてのご依頼で、シンガーの学校用ミシン「スクールメイト」の修理に出掛けました。直線専用のスクールミシンです。

現在もスクールメイトの名で販売が続いてますが、この日修理させていただいた日鋼時代のモデルからすると、ずいぶんスタイルが変わって今風になってます。

さて、今回はそのスクールメイトではなく、もう一台別にお預かりしたミシン。
現地修理のスクールメイトは写真がありません<(_ _)>
クルクルっと模様選びが特徴のシンガーメリット7800です。

お知り合いから譲り受けたそうで、長い間使っていなかったものだそうです。
あちこち固着してしまってるのと、動かしてみるとカチカチ異音が発生してました。
はて?何の音でしょう。
現地でははっきりした原因が分からず、持ち帰って詳しく調べてみます。

音の原因はここ。下糸巻きのベース部分のネジ緩みで、回転時はずみ車内側のベルトプーリーに接触していました。
7800_160901_7.jpg

さぁ、後は固着した各動作部分を整備して行きましょう。

針軸も固着して左右の振りが利かなくなっていました。
この状態だとエラーが発生して動かない事もあるんですが、今回はそれは無かったです。まずは古くなったグリースやらを綺麗にしないといけません。
7800_160901_3.jpg

こちらの御主人、家電メーカーに長くお勤めだったそうで、機械にお詳しい方。
この内部の基板を見て、使ってる部品が懐かしい~とおしゃってました。
最近のは各部品ずいぶんと小型化されてますからね。
「その分壊れやすくなってるような気も・・」には同調されてました。
7800_160901_2.jpg

さぁ、整備も終わり組上げての試し縫い。ん・・?何でタイミングがずれてるの?
組上げる前はちゃんと確認したのに。
あ!もしかして・・そーなんです、この7800は下軸のベルトプーリーにプラスチックが使われてまして、それがひび割れてました。(赤→部分)
ありゃ、確認ミス!お客様に納期を延ばしていただいて、部品発注。
この作業は下軸を抜き取っての大掛かりな?ものとなります。
7800_160901_4.jpg

部品が届きました。
後のモデルからはギヤ部分含めオール金属製。左側のそちらのタイプに交換。
これなら破損の心配も無くなりますね。
7800_160901_5.jpg

プーリーを下軸に組み付けて、下軸を元の位置に戻します。
下軸を外すと送りや釜のタイミングがずれてしまいますので、ここから調整作業。
7800_160901_6.jpg

部品を待ってる間に外装クリーニングを済ませておいたのでピッカピカ。
年式の割りに日焼けも少ないミシンでした。

SINGER MERRITT Computer 7800 (修理完了後)
7800_160901_1.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2016/09/28 01:50 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: