ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

JUKI HZL-010N ジュレーブ 糸切れ

手芸屋さんのご紹介で、JUKIのジュレーブ修理をお預かりしました。
修理する買い換えかで悩んでおられましたが、修理させて頂くことになりました。
買い換えの予算ですと、やはり修理がおすすめ。
何といってもジュレーブですからね。
かなり使用頻度の高いお客様ですので、状況考えたら・・

症状は縫ってる途中に糸が切れたり、釜に糸が食い込んだりと色々。
色々な症状が出ると言う事は原因も複合してると思われます。

一番の原因はこちらの針板。
何度も針が当って傷はもちろん深いエグレが出来ております。
ジュレーブの針板は手に入りにくくなっていて、値段も高価。
かなり深くエグレが出来てましたが、何とか修正して使えるようにしました。
(※画像は修正前)
010N_160910_1.jpg

天秤には多量の糸がらみ。
これだけ絡んでると、動きは悪くなるし、糸を呼び込んで絡まりやすくなります。
糸の食い込みが激しく、天秤部分を分解して除去しました。
(※画像は除去前)
010N_160910_3.jpg

釜周辺、特に糸切り周りの糸くずがいっぱいでした。
010N_160910_4.jpg

外装クリーニングもやりがいありそうです。
「汚れたままですいません」とお客様に言われる事が多いんですが、掃除も含め全部お任せ頂ければと思います。
ぴかぴかになった(ならないこともありますが・・)姿を見て喜んで頂けるのも、この仕事をしてる楽しみの1つですから。
010N_160910_2.jpg

外装クリーニングを終えた状態。思った以上に綺麗になってくれました!
010N_160910_6.jpg

外装外すとこんな感じ。複雑・・
とにかく重たいジュレーブ、外装の取り外し、取り付け時にはかなり気を使います。
よろよろ~なんてなった日には、支えきれずガシャなんて事にもなりかねません。
010N_160910_5.jpg

針板をかなり修正したので、どうかと心配でしたが試し縫いの結果は良好ヽ(´∀`)ノ
やっぱりジュレーブの縫い目はいいですね~

JUKI HZL-010N jureve (修理完了後)
010N_160910_7.jpg

ミシンが無くてはならないと言うお客様でしたので、急ぎでしたが納期内に納めることが出来て一安心。
「やっぱり修理して良かった」と、喜んで頂けたのが何よりでした。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2016/11/06 23:40 ] JUKI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: