ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

JUKI ザ・ミシン HZL-7700 釜の糸食い込み

続けて同じくJUKIのザ・ミシンシリーズ、HZL-7700です。
ATシリーズで言うとこの、AT-1000と同型の色違い。
シリーズ最高峰と言いますか、文字・模様縫いができる機種になります。
前記事のAT-730より1年早い1986年の登場。

前記事でも触れたとおりタテ釜全回転の職業用ボビンを使うタイプ。
その職業用の釜は、糸や針の折れたのが食込んだりすると厄介ですね。
半回転タイプだと簡単に釜部分が分解出来て、食込みの除去も簡単。
運よくグリッと無理やり動かして取れる場合もありますが・・
糸ならまだしも、針だと釜に傷が入る恐れもあります。
ほんのちょっとの糸が食込んだだけでも、がっちり固まってしまいます。
職業用含め、このタイプの釜をお使いの方は少なからず経験があるのでは?

釜を抜き取ってから作業する場合もありますが、今回は付けたまま。
すでに釜を分解した状態です。
普段は見えない部分にゴミが溜まってますね。
HZL7700_160426_1.jpg

分解した釜の部品。
小さなネジもありますので、無くさないよう注意が必要です。
まーネジの在庫はいっぱいありますが(笑)
HZL7700_160426_2.jpg

こちらは持ち帰りでの修理でしたが、この程度の修理は現地でも可能です。
困った時はいつでも御用命下さいm(-。-)m

この度はミシンテックへ修理をご依頼いただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2017/02/01 13:27 ] JUKI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: