ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

黒ディーゼルと遠賀川駅最後のレール貨車

今日は早朝から出掛ける約束なので、寝たら起きれないかな?と徹夜。
まぁ色々とすることもありまして、ミシン修理に伝票出し、梱包して発送準備・・
そんなこんなでもう4時半。
5時には出ないといけないのでちょうどよかったです。
まだちょっと時間があるのでブログ更新。

黒いディーゼル機関車の臨時やら回送やらを少々・・

1月21日

この日は日田彦山線で、黒いディーゼルがSL客車を引く団体臨時列車。
昼まで別のとこ行ってて、夜は飲み会だったので、撮ったのはこれだけでした。
それにしても列車目立ちませんね・゚・(つД`)・゚・
1195_170121_1.jpg

1月25日

午前中西の方へ仕事に行ってたんですが、終わってからそのまま宗像方面。
もうちょっと先も間に合ったんですが、雲が多かったのでここ。
小倉の工場で検査を終えた、筑肥線電車の回送を撮って帰りました。
1207_170125_1.jpg

1月30日

レール技術センターのあった遠賀川駅。
短いレールを運んできて、ここで溶接して150~200mの長レールを作ってました。
製鉄さんが150mレールを作るようになって施設は不要に。
ほとんどの貨車は製鉄のある黒崎に移ったんですが、余剰になったのが数両。
長い事遠賀川駅に置き去りになっていましたが、この日廃車回送されました。

お迎えの黒ディーゼルが一旦遠賀川駅を通り過ぎます。
この駅は折り返しが出来ないので、いったん先の駅まで行って戻ります。
左奥には回送される貨車が待機しています。
1207_170130_1.jpg

黄色い小さなディーゼル機関車が、廃車になるレール貨車を準備して待機。
チキ廃_170130_1

この黄色い小さなディーゼル機関車”最後の仕事”
鳥栖にレールセンター(レール技術センターの前身)が有った頃から活躍してきたこの小さなディーゼル機関車。
機関車といっても車籍の無い機械扱い。
こういう機関車が好きな私でも、昔は「なぁ~んだ・・」と、これが居るとがっかりするような、珍しくも面白味も無い機関車でした。
それも今では九州内で見れるのは、ここと貨物用に西大分と延岡だけ。
これでまた一台減るのかな?
チキ廃_170130_2

遠賀川駅常備の貨車もこれで見納めです。
チキ廃_170130_3

一旦門司港まで行って、機関車を反対側に付替えて小倉の工場へ向かいます。
1207_170130_2.jpg

レールを積載する装置が外されてるので、空のコンテナ車にも見えますね。
チキ廃_170130_4

ここで発車まで見送って終了です。
1207_170130_3.jpg

発送方法、発送駅は変わっても、レール貨車はまだまだ走ります。
スポンサーサイト
[ 2017/02/02 04:53 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: