ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー フィットライン 6200 回転不良 糸調子不良

シンガーの電子ミシン、フィットラインの修理をお預かりしました。
こちらのお客様もブログをご覧頂いてのご依頼。
確か引越し前にお預かりして、仕上がりは新居にという事でした。
いずれも同じ東区内で、割と近所でした。

一緒にJUKIの4本糸ロックミシン(MO-766)もお預かりしたんですが、画像が・・
どっかに有ると思いますので、いずれご紹介出来ればと。

シンガー日鋼時代の丈夫な作りのフィットライン。
今まで数多く修理させていただいてますが、致命的な故障って今まで無いんです。
今回も油切れによる回転不良と、上糸テンションの調整で良くなりそうです。

フィットラインシリーズでも、型番によって模様選択位置の表示が違ったりしますが、この6200は中で円形の選択表示(青い円盤)が回って小窓に表示されます。
横長に表示されるタイプもあって、そちらはダイヤルから紐を介して動くようになっています。分解した際、見た目ちょっと複雑になります。

このガチャガチャっと模様切り替えるタイプ、ダイヤルが重くなってたら要注意。
無理に回すと内部のカムという部分が割れてしまう場合があります。
ほとんどの機種、カム部分はプラスチックで出来ていますので。

今回も重くなっていましたので、そこもちゃんと直しておきました。
6200_161226_1.jpg

お仕事でダンス衣装を縫うことが多いらしく、釜の下にはラメがいっぱい。
スパンコールとかラメとか、ダンス衣装には多いんです。
それらが糊付けしてあって、針に糊が付くとトラブルの元にもなります。
専用では無いですが、糊の影響を受けにくい針も御座います。
ダンス教室の先生に使っていただいてるんですが、割と評判いいです。
6200_161226_2.jpg

内部の汚れを綺麗にした後、各部注油して動きは軽くなりました。

上糸テンションの調整もしておきました。
フィットラインシリーズ、糸調整ダイヤルは[自動]になってますが、これはあくまで機械式。[標準]と理解して使っていただいたほうが良いかと・・
[自動]と書いてあるほうが売りやすいですからね(笑)
自動や標準の位置で明らかに縫い目がおかしいのは、調整が必要な場合がございますので、御相談頂ければと思います。

SINGER fit line 6200 (作業完了後)
6200_161226_3.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2017/06/27 15:28 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: