ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

山を下りたマルタイ

また長い事サボってしまいましたが、しれぇ~っと更新です。
ミシンもだけど、でんしゃの記事も楽しみにしてるというお客様も多いんです。
なので今回はでんしゃの話。

昨日は田川の後藤寺と言う所に仕事で行ってきました。
メイン?の日田彦山線の他、後藤寺線や糸田線も来る鉄道の要所。
かつては石炭輸送でさぞ賑わったんでしょうね。

その日田彦山線は本来、北九州と大分の日田を結ぶ路線。
現在はこの先、添田までしか行けません。
今年7月の豪雨災害で線路が被害を受けて、今だ不通のままなんです。

その不通区間に取り残されていた車両が、先月運び出されました。

筑前岩屋駅には、線路の補修をする保線車両の「マルタイ」が取り残されました。
マルタイ=マルチプルタイタンパーという車両(機械)。

10月25日

早朝、まだ薄暗い筑前岩屋駅に着くと、すでにマルタイのエンジンが掛けられていました。ここから自走で山を下って行くようです。
日田彦マルタイ_171025_1

この駅から彦山側にトンネルがあるんですが、駅からそちら方面には大きな岩がゴロゴロ転がっていて、線路も埋もれてしまっています。

マルタイが動き始めました。
こっちのライトが点いてますが、向こうに向かって行きます。
日田彦マルタイ_171025_2

途中には撮影名所だったアーチ橋が3箇所あります。
自転車くらい?のスピードだったので、追って撮影しながらここが最後のアーチ。
気づけば地元の方も一緒に撮影に加わってました。
久しぶりに車両が走る姿を見て嬉しそう。
日田彦マルタイ_171025_3

マルタイを追っかけて下って行くと、道路とクロスした築堤の上に別の車両も・・
筑前岩屋の1つ日田寄り、大行司駅に取り残されていたディーゼル車です。
これから先の線路も被害を受けていて、自走出来るのはここまで。
ここでクレーンを使って線路から外されるようです。

先に着いていたディーゼル車にマルタイが連結されました。
日田彦マルタイ_171025_4

この先はトレーラーに載せられて道路を走って行く事になります。
輸送中、トンネルなどに干渉しないよう、屋根上の機器を外してるようです。
日田彦マルタイ_171025_5

10月26日

ディーゼル車は前日線路から降ろされたんですが、マルタイのみ翌日でした。

クレーンでの吊り上げ準備。
日田彦マルタイ_171025_7

線路から外されたマルタイが、ゆっくり慎重にトレーラーに載せられます。
日田彦マルタイ_171025_6

トレーラーに載せ終えるまで見て現地を離れました。

不通区間の復旧見通しは厳しいようですが、いつかまたここに列車が走る日が来るといいですね。
スポンサーサイト
[ 2017/11/10 23:48 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: