FC2ブログ
ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

ジャノメ クライ・ムキ KM2002 (モデル751) 送り歯交換

こちらは以前ブログでご依頼頂いたお客様からのご紹介。
送り歯が折れたとの事で、自分で交換するので部品を送って欲しいとの事。

黄色いボディカラーが特徴の、クライムキさんオリジナルモデル。
クライムキと聞いて外国の方と思ってたんですが、日本の方でした(笑)
オリジナルと言ってもジャノメのモデル751ほぼそのまま。
むろん送り歯もまだ有るだろうと思ったら、まさかの「ありません」。

お客様にその旨お伝えして一旦終了。

その後なんどかお客様とやりとりさせていただく中で、このモデルKM2002がまだ販売継続しているとの事。
え!?と再度メーカー問い合わせ。
「ありますね」って・・どーいう事?まぁあるならお願いしますで発注。

御自分で交換と言う事だったんですが、整備もして欲しいとの事でお預かり。
使用頻度の高いお客様ですので、ちょうど良い機会だったかも知れません。

分解してみて一番気になったのが糸取りバネの部分。
誇りが詰まってバネの動きが悪くなってました。

糸調子部分をゴロッと取り外します。
KM2002_1.jpg

バネ部分はこんな状態でした。
余分な油も付着して埃が固まってますね。
KM2002_2.jpg

分解してクリーニングをさせていただきます。
KM2002_3.jpg

カマ部分にも大量の埃が詰まっていました。
こー見るとそうでもないですが、この位置から見えないところにいっぱい。
KM2002_4.jpg

クリーニング作業を終えて注油作業に移ります。
KM2002_6.jpg

送り歯も交換させていただきます。
右が新品で、左の→部分の前歯が折れてます。
お客様が応急措置でボンドでくっ付けてますので、折れたようには見えませんね。
KM2002_5.jpg

JANOME KURAI-MUKI KM2002 (model 751) (整備完了後)
KM2002_7.jpg

ボディ全体くすんだ感じになってましたが、鮮やかな黄色が蘇りました。
クライムキさんのミシンはマットな仕上げになってるので、磨き作業はちょっと気を使うんですよね。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただき有難う御座いました。

福岡市東区ジャノメミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2017/11/30 10:37 ] JANOME | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: