FC2ブログ
ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

復興への願いを込めて、日田彦山線を走ったA列車

豪雨災害で一部区間が不通となっている日田彦山線で「A列車」が走りました。
災害復興の願いと地元沿線の魅力をPRするために企画されたそうで、日田彦山線をA列車が走るのは初めてだそうです。

電車でA列車の出発駅である小倉に向かうことにします。

12月21日

A列車の前にちょっと寄り道。

小倉の車両工場から出てきた貨物のディーゼル機関車。
1745号機と1746号機の連番で、後ろの機関車が台車の検査を終えての回送。
1745_171221_1.jpg

ちょっと先まで行って、門司港へ向かうA列車の回送。
A日田彦_171221_1

一旦門司港へ上がったA列車が、始発駅の小倉へとやってきました。
A日田彦_171221_2

さー乗り込みます!
そうなんです、今回は沿線での撮影ではなく乗る事に。
「申し込んだので21日は空けといて下さい」と言われてたもので(笑)
ありがたく乗せていただきました。

日田彦山線に入った石田駅で休憩中。
この駅で車内で提供される料理の積み込みも行われました。
A日田彦_171221_3

その料理、おつまみ程度の軽食と聞いていたのに豪華!
小倉に着いて色々買出ししたけど、これだけで充分でした(笑)
添田町にあるイタリアンレストランの料理が、小石原焼の器に盛られた物。
6ヶ所の窯元が、それぞれ個性的な器を提供されてました。
「食べ終わった後の器はお持ち帰り下さい」と言うのがまた嬉しいですね。
A日田彦_171221_4

停車駅での地元の方々のお出迎え、沿線で手を振ってくれたりと感動でした。
他の臨時列車が走るときもそうですが、日田彦山線は沿線の方々に愛されてるんだなぁ~というのが伝わってきますね。
ですから尚の事、不通区間の復旧を願う気持ちも強いんでしょうね。
記念に頂いた乗車証も、朝倉の木を使った物でした。

そうこうしてるうちに折り返し駅の添田に到着。
停車時間5分しか無いのに、ぼぉ~っとしてて危うく置いてかれるとこでした(汗)
目の前の構内踏切が鳴ってるのに発車時間に気づいて無いと言う・・

帰りは停車時間の長い駅も、ドアの開かない運転停車がほとんど。
降りたり乗ったりも無いのでのんびり。
ここ池尻駅でも20分ほど停まってました。
A日田彦_171221_5

楽しい時間は過ぎるのも早いもの、あっという間の4時間で小倉に到着です。
みんなが降りた後、門司港に引上げるのをお見送り。
A日田彦_171221_6

A列車はその日に熊本へ帰るので、回送を撮りつつ福岡へと戻る事にします。

門司港から小倉に戻って来たとこ。
A日田彦_171221_7

ながぁ~く停まる八幡で追いつきます。
A日田彦_171221_8

先にA列車が発車して行きますが、遠賀川での停車中に先を越して古賀で。
A日田彦_171221_9

香椎で降りて、リニューアル電車の8両編成を撮って帰ります。
811_171221_1.jpg

A列車で散々飲んで、帰りは小倉から立ちっぱなし。
さすがにくたびれたからバスで帰ろうかな~と時間見たけどバスが無い・・
しょうがないから西鉄電車で名島に行って、あとは歩いて帰ります。
疲れた所に西鉄電車の赤いふかふかシートは癒されます(笑)
やっぱりこれが一番落ち着くなぁ・・

久々に長時間でんしゃに乗った1日でした。
スポンサーサイト
[ 2017/12/24 11:29 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: