ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

リッカー ホリデーヌ1240 送り不良

久しぶりにミシンの話、そしてあまりご紹介の機会の無いリッカーです。
と言ってもホリデーヌ、言わずと知れたスイスのベルニナ製に、リッカーブランドを付けて販売してたやつですね。
こちらのミシンもブログをご覧になったお客様が持ち込んで下さいました。

リッカーは1980年代後半からミシン製造から撤退したのか、このベルニナミシンの販売が始まってますね。この1240は1990年~の販売。
ベルニナはこの時からそうですが、いまだに半回転タテ釜にこだわってますね。
衰退していく一方の国内メーカーに比べて、作り、デザインには驚くばかり。
機会があればベルニナのホームページ覗いて見て下さい。
と言っても欧州は刺繍ミシンがメインなので、日本とはちょっと需要が違いますね。

今回のご依頼は送りが正常に作動しない、縫いスピードが安定しないの2点。
送りに関してはこのシリーズによくある不具合。
基板やステッピングモーターの不具合も心配されますが、ほとんど機械的な原因。

送り機構周辺。
1240_180519_4.jpg

作業の邪魔になるメイン基板をずらして・・
1240_180519_6.jpg

この部分、蒸気機関車の動輪みたいな動きをするんです。
1240_180519_3.jpg

モーター周りは錆びや腐食で粉吹いてます。
1240_180519_5.jpg

ベルニナのミシンって作りがしっかりし過ぎて構造が複雑。
分解も手間取ることが多いです。

送りの不具合、今回は返し縫状態のままとか、送り幅調整が利かないと言うもの。
そちらは解決したんですが、縫い速度のバラつきが残ってます。

恐らくコントローラーが原因だろうと、手持ちのコントローラーで動かしてみます。
やっぱりそうでした。

接点部分の腐食が原因でした。
1240_180519_1.jpg

コントローラーもコードがリール式に収納出来るようになっています。
重みのあるしっかりした作りで、これ1つ取っても作りの良さが分かりますね。

RICCAR Holidaynu 1240 (修理完了後)
1240_180519_2.jpg

今回お預かりしたのは、ネットオークションで落札されたそうです。
大まか原因は油切れと腐食によるもの。
まーネットでそこまで判断して購入するのは不可能ですが・・

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区リッカーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2018/05/21 16:33 ] RICCAR | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: