FC2ブログ
ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー ヌイコムDX 5550 釜バランス調整

始めにお断りしておきます、今回も作業途中、完了後の画像がありません。
納期が迫ってたりすると、ついつい忘れてしまうんですよね。

当ブログをお知りになるきっかけが、福岡市 ミシン修理で検索したと言う方も多いのですが、ミシンの機種名でヒットしたと言う方も多々おられます。

より多くの方に当ブログを知って頂くためにもご紹介させていただきます。
仕事につながるかは別として、何かのきっかけになればと願って・・

今回のミシンも、そのブログがきっかけでご依頼いただきました。
シンガー日鋼時代のコンピュータミシン、ヌイコムです。
地味な存在ですがいい作りのミシンです。
日綱時代のミシンは、ガッチリ金属ボディで安定感がありますね。
致命的な故障も少ないように感じます。
アプリコット、ヌイコム、フィットラインなどが当時の代表的機種になります。

さて、ご依頼の内容ですが、下糸をすくわないと言う事。
モーター回すのは危険なので、手動で動かしてみると、時々下糸を救い上げる時もありますが、釜に針が当たる事も。
なんでこんなバラつきが?
釜をギュッと押えてはずみ車を回してみると、ゴリゴリとした感触で空回り。
なるほど、どこかのネジが緩んでるようです。
釜のギヤ割れでなければよいのですが・・

ギヤ割れは無く(ホッ)下軸のタイミングベルトの掛かる歯車のネジ緩み。
この画像では見えませんが、寝かせた時に見える部分です。
5550_180402_1.jpg

前面カバーの内側はこんな感じ。
シンプルですね~先のジャノメミシンもこんなだったら外しやすいんですが・・
この後、基板をはじめ糸調子器等全ての部品を外してクリーニング。
5550_180402_2.jpg

タイミングを取り直して歯車を固定して完了です。
もちろん汚れ落としや注油もしっつかり行わせていただきました。

SINGER Nui-com DX 5550

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2018/05/23 15:56 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: