ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー マイレディ S1000EX 送り不良

シンガーの電子ミシン、マイレディS1000EXの修理が入りました。症状は返し縫い状態のまま戻らないとのことでした。縫っても向こうに布が送られず、手前に布が送られてしまう状態です。

このミシンは電子ミシンなので、電動ミシンと同じように返し縫いレバーを動かすと、機械的に送り軸を動かして返し縫になるようになっています。なのでほとんどの場合油切れによる固着が原因です。

電子ミシンの場合、返し縫いレバーはスイッチも兼ねていて、返し縫いレバーで電気スイッチと機械的な送りの切替を同時に行っています。スイッチが入るとモーターが最低速で作動して、送り歯と針が動くようになっています。なので電動ミシンと違って、停止状態から返し縫いレバーを動かすだけで返し縫いが出来るのです。

コンピューターミシンになると返し縫いはレバーではなく、ボタン式になっているものが多いです。ボタンを押している間だけ返し縫いをしてくれます。これは送りの切替が電気式になっていて、ステッピングモーターという小さなモーターで送りを切り替えるようになっています。

今回お預かりしたミシンは、思ったとおり油切れによる固着が原因でした。作動部分各所に潤滑油を差して、少しずつ動かしていきます。動きが正常に戻ったら、錆や油を除去してミシン油を注油しておきます。

SINGER Mylady S1000EX (model S1000EX)
__IGP2601.jpg

ミシンの底カバーを外した状態。中央の軸に見えるゴムベルトはタイミングベルトで、その右隣が送りを調節する部分です。釜を回転させる軸と送りを調整するのは同じ軸です。
__IGP2599.jpg



スポンサーサイト
[ 2012/05/21 08:27 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: