ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー LW103s プロフェッショナル

シンガーの職業用電動ミシンLW103sの整備依頼がありました。最初にご連絡いただいた時は、上糸が縫ってる途中で何度も切れるとのことでした。他で2回修理に出しても直ってなかったとのことでした。

上糸切れの原因は糸掛けの間違いでした。これじゃー何度修理に出しても同じ事、糸掛けの間違いを指摘してあげればいいのにねー修理出しても直らないって信用無くしちゃいますよね。

SINGER LW103s PROFESSIONAL(整備後)
_IGP5404.jpg

急いで縫いたいのがあるとのことで、その場で簡易的に注油などさせていただいたんですが、後日分解整備をして欲しいとのご連絡があり、お預かりさせていただきました。

整備中の様子なんですが、内部構造は188シリーズとあんまり変わりません。ボディにLight Weight(ライトウエイト)の文字がありますが、たしかに188時代から比べると相当軽くなってますね。テーブルを外すとフリーアームになるのは職業用としては珍しいですね。
_IGP5290.jpg

見させていただくと、下軸の送り軸側2本が真っ赤に錆びていました。錆取りや埃取りを済ませてから各部注油しておきます。この部分は上からしか作業出来ないので、ちょっとやりずらいです。
_IGP5283.jpg


スポンサーサイト
[ 2012/10/02 21:33 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: