ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

ブラザー ソレイユ ZZ3-B823

ブラザーのコンピュータミシン、ソレイユをお預かりしました。製造から20年近く経つミシンですが、上位機種のレナージュ(ZZ3-B833)なども含め、今でも使われてる方が多いです。後に登場したCP961やCP963に比べてこちらの方がトラブルも少ない気がします。

時々糸調子がおかしく、下糸がループ状になるとの事でした。試し縫いしてみると下糸ではなく上糸が原因でした。裏側にループが出来るので下糸と思われる方が多いんですが、ループが出来る場合は上糸のゆるみが原因の場合が多いです。

brother SOREIL ZZ3-B823 1993年製 (整備前)
_IGP7450.jpg

時々というのがやっかいで、常に異常がある場合は原因がつかみ易いんですけどね。まーとにかく原因を探すため分解してみましょう。
_IGP7472.jpg

釜周辺は長年の使用で、糸くずや埃などが堆積していて、折れた針も何本か出てきました。食い込んだ布が団子状になって残っていたり、これらは釜や送り歯の動きを妨げる原因になります。最近他店に修理だされたそうなんですが、教えて頂いた修理金額の割には何にもしてないなという印象です。今回と同じ症状で周囲依頼したそうですが、結局治ってないし・・下軸には錆も出てます。
_IGP7465.jpg

_IGP7474.jpg

このシリーズは糸流れに送り出しの小さなローラーを使ってるんですが、ローラー部分に緑色の糸が絡まっていました。これでは上糸の流れが悪くなりますね。これも糸調子が悪くなる原因の1つと考えられます。
_IGP7470.jpg

ここまで作業してから一旦仮組して試し縫いしてみます。シャッペの60番で50mほど縫ってみましたが、今のとこ綺麗な縫い目で順調に縫えてます。

再度分解してから内部クリーニングを済ませて、注油していきます。その間にボディークリーニングも済ませておきます。お客様はこのミシンを大変気に入っておられるので、これからも長く使って頂けるようがんばって仕上げさせていただきます。



スポンサーサイト
[ 2012/11/08 10:25 ] brother | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: