ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

ジャノメ ペリシアEX 955 (model 751) 電源コード断線

電源が入ったり入らなかったりするとのことで、修理依頼のあったジャノメの電子ミシン ペリシアEX 955。この機種は10年経つんですが、model 751シリーズは今でも販売されている息の長いモデルです。

さーて原因は何だろうと調べてみると、電源コードの断線でした。ちょうどプラグの根元あたりで、完全に断線はしてないのでコンセントに差した時の角度で、電源が入る時と入らない時があったようです。
_IGP7878.jpg

断線部分をカットして、社外品のプラグを取り付ける手もありますが、今回はお客様の希望もありコードリールごと交換となりました。

コードリールはミシン底部に配置される機種が多いんですが、モデル751シリーズはフレーム内部に縦に取り付けられています。これが意外とやっかいで、ドライバーが入りづらいんです。同じ751シリーズでも作業しやすいのもありますが、これは内部機器の配置の違いによるものです。
_IGP7877.jpg

分解整備も済ませて新しいコードリールを取り付けて作業完了です。電装関連の修理は原因を調べるのに手間掛かるんですが、今回は単純な原因でホッとしました。

JANOME Perisia EX 955 (model751) 作業完了後 外装も磨いておきました。 
_IGP7901.jpg

スポンサーサイト
[ 2012/11/23 23:00 ] JANOME | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: