ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー LW103s プロフェッショナル 職業用ミシン

ネットオークションで購入されたというシンガーLW103s職業用ミシンを、宅配便にて修理のご依頼をいただきました。購入時から調子が悪かったそうです。

お客様の気になる点はあらかじめメールでお伺いしていたので、到着したら早速作業開始・・ん?YDKのコントローラー?どうやらモーター交換されてるようです。

差込口の取り付けが強引で無理やりねじ込んだのかカバーが割れてしまってます。隣にあったはずの電源スイッチも無くなってます。
SIN103_1.jpg

荒い仕事ですねーこれってミシン屋さんの仕事?・・ネジは片側だけかろうじて止められてますが、接着剤のようなもので固定されてます。ドリルでネジ穴作ってスペーサー挟んでと方法はあったと思うんですが、今回は予算もあってそのまま進めます。
SIN103_3.jpg

モーターは家庭用YM-43が入ってました。元々SW103sはハイパワーではないのでこれでもいいんですが、出来れば職業用のYM-61がよかったですね。
SIN103_4.jpg

送り歯には埃が詰まってましたが、思ったほどではなかったです。
SIN103_2.jpg

上軸ギヤ周辺は古いグリスが固まってます。長いこと注油されてない感じですね。
SIN103_5.jpg

針軸(押さえ軸)周辺も長年の埃や古い油が・・針軸の手前が白くなってるのは試しにちょっと磨いた部分です。この後糸案内や上糸テンションも外して整備です。
SIN103_6.jpg

下カバーを外すとご覧のとおり・・汚れはきれいに落としておきました。
SIN103_8.jpg

下軸周辺も古~い油で茶色くなってます。古い油を落としてから注油しておきました。
SIN103_7.jpg

不具合のあったステッチ幅調整ダイヤルは分解整備と調整をさせていただきました。
SIN103_9.jpg

整備後組み上げて作動テスト・・作業前に比べて動きも音も軽くなったんですが、モーター付近からの音が気になってもう一度カバーを外します。

モーター交換時にベルトも変えられていて、ベルトがカバーに干渉している音でした。両面凹凸タイプのベルトだったので、尚更音が大きかったようです。

このミシンは元はシンプロベルト(タイミングベルト)タイプなんですが、モーターが変えられていてそれも使えません。モータープーリーをシンプロベルト対応の物に交換も出来るんですが、プーリーとベルト代で修理金額が・・今回は片面凹凸タイプのウレタンベルトを取り付けることで対応させていただきました。

SINGER LW103s PROFESSONAL (整備後)
SIN103_10.jpg

この度はミシンテックへ修理依頼いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
[ 2013/11/28 15:10 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: