ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

ブラザー BS-300 (EL619) スタート/ストップスイッチ不具合

「スイッチを押しても動かなかったり、動いたと思ったら止まらなくなったりする」とのことで、ブラザーの電子ミシンBS-300(EL619)の修理をご依頼いただきました。

スイッチ内部は薄~い円形の小さな金属板が入ってるんですが、やはり使い込んでいくうちに接触が悪くなったりすることがあります。

まったくスイッチが反応しない場合は色々な原因が考えられますが、今回のような場合はほとんどがスイッチ部分の故障と考えられます。

対応としては・・
(1)スイッチ基板の交換。
(2)スイッチ部品を他の機種(中古パーツ)から流用。
(3)スイッチの分解修理。(急ぎなのでこれだといいのですが)

今回お預かりしたBS-300(EL619)は、スタートストップスイッチ以外にも、スピードコントロール基板や配線がAssyになっています。部分的に交換出来たらな・・。

まーとにかくスイッチ内部がどうなってるか確認してからにしましょう。

スタートもストップもこのボタン1つで操作します。
BS300_3.jpg

前面カバー裏面はこんな感じ。右下の小さいのがスタート/ストップスイッチの基板。
BS300_4.jpg

内部の部品はこんな感じ。
BS300_1.jpg

スイッチを押すと中央の丸いのがペコッと凹んで接点に当たるようになっています。

見てお分かりかと思いますが、黒ずんで腐食しています。今回はこれが原因で、意外とデリケート。まー接点小さいですからね。

原因が分かって、今回は急ぎでもあったので、分解修理で対応となりました。

こちらは基板側のスイッチケース。
BS300_2.jpg

両方の接点部分を磨いて、接点復活剤を塗って組上げます。あ、スイッチは通常分解する構造にはなっていませんので念のため。

さぁ、お客様宅に戻って組み付けて動作確認。OKでした!

というのも今回近所のお客様で、訳あってスイッチ側の外装のみお預かりでした。

なので完成後の写真もありません・・。

この度はミシンテッツクへの修理をご依頼いただきありがとうございました。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2014/11/08 15:39 ] brother | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: