ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー LW103s プロフェッショナル モーター周りのお話

実はこれ、去年の年末に作業させていただいたミシンなんです。

別のお客様からこの103sのフットコントローラについてお問い合わせをいただいたので、今回記事にさせていただきました。

他にも出しそびれがあるので、おいおい御紹介していこうかと・・

今回記事の103sは、前年にも宅配便にてご依頼いただいたお客様で「今年も・・」とのご依頼。また、部品取りの103sも手に入れたので1台に仕上げて欲しいとの事。

まだ作業予定があるとのことで、部品取りのほうを先にお送りいただきました。確認させていただくと通電不良で、ランプがチラついたり、モーターが無反応・・

「モーター回転良好」との事でオークションで落札されたのだとか・・別の方法でモーターを回転させてみると、焼きついてました(*x*)

ということでモーターやコントローラは使用不可。

元の103s(購入時すでにYDKのYM-43にモーター交換済み)のモーターをそのまま生かす事に。ただ、メインスイッチが無かったので、部品取りから生かす事に。

まー純正のモーター(YDKのYM-10D)はパワーが物足りないし、故障時の交換も出来ないので、社外品のYDKを使った方が長い目で見ればいいんですけどね。

メインスイッチのステーを取り付けて位置合わせ。
LW103s_141224_1.jpg

予備のYDK端子を仮組みして、ネジ穴位置を決めてドリルでステーに穴空け。
LW103s_141224_2.jpg

元の6端子からYDK端子に合わせて3端子に配線し直して取り付け。
LW103s_141224_3.jpg

前回気になっていたVベルトも、今回了承頂いてタイミングベルトに交換。プーリー(モーターの回転をベルトに伝える部品)も合わせてXLシンクロプーリーに交換。

モーターステーは純正のままなんですが、社外YDKのネジ位置が合ってなくて(YM-43よりYM-10Dが若干サイズが大きい)ステーの穴をドリルでちょっと広げてます。

実は前回の作業時気が付いてなくて、今回モーターが斜めに付いてるって事に気が付いたもので・・すいません。最初に取り付けた人は気付いてたのかな?まぁ・・

せっかくなんで、外装品も含めいいとこは部品取りから移植させていただきました。

さて、このLW103sのコントローラですが、すでにメーカー出荷は停止になってます。

コントローラが悪い場合の対処方法は・・
①モーターはそのままYDK端子に交換して、YDKコントローラを使えるようにする。
②モーターからYDKに交換して、YDKコントローラを使えるようにする。

①の場合は端子とコントローラだけですが、②の場合はモーター、コントローラの他にタイミングベルトやXLシンクロプーリーが必要になる場合もございます。

ただ、モーター、コントローラ共に故障時の交換入手も容易ですので、長い目で見れば②がお勧めです。カーボンブラシ消耗時の交換も容易ですし・・

この度はミシンテックへの修理御依頼をいただき有難うございました。

また、お問い合わせいただいた件で、参考にしていただければ幸いです。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。

スポンサーサイト
[ 2015/03/21 04:30 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: