ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

JUKI シュプール90S TL-90S 整備

前記事のロックミシンと一緒に持込んでいただいた、職業用ミシンシュプール90S

今回は修理という事ではなく、整備の御依頼。

言わずと知れた職業用ミシンの定番シュプールシリーズ。

シュプール90が登場してもう20年以上経ちますが、現行のTL-30シリーズに至るまでこのスタイルは変わりません。中身少しづつ進化してますが基本は同じ。

このシュプールの登場は、職業用ミシンを広く一般家庭に広めるきっかけにもなりましたね。なにせJUKIで言うとこの前はTL-82ですからね・・

TL-82は昔からの専用台に乗った、基本足踏みミシンですからね。

それがポータブルになり、色も白と今までの職業用とはまるで違うスタイル。さらに自動糸切まで搭載となれば、登場時はそれはもう・・って感じだったんでしょうね。

今回お預かりしたのはTL-90Sで、自動糸切は非搭載のモデル。

見ての通り基盤が入っていて、電子ミシンと分かりますね。それまでの足ふみや電動タイプの職業用ミシンと違い、低速から使いやすくなっています。
SPUR90S_150424_4.jpg

自動糸切が無いので、下軸周りはすっきり。錆等は無く古い油や汚れを溶剤を使って落としました。この後注油やグリスアップをして行きます。
SPUR90S_150424_1.jpg

お客様から唯一ご指摘があった箇所。何でも上から物を落としてしまい、下糸巻きの所が曲がってしまったとの事。確認させて頂くと、軸は大丈夫でしたが、ストッパー側が曲がってましたので、修正にて対応させて頂きました。
SPUR90S_150424_2.jpg

ランプはご覧の状態に・・
SPUR90S_150424_5.jpg

この状態になるとソケットが抜けにくいんです。まぁ良くある事、慣れた手つきで交換させていただきました。TL-90は昔ながらのこのタイプですが、TL-96やTL-98からは差し込み式の小さな電球に変わりました。

JUKI SPUR 90S (整備後)
SPUR90S_150424_3.jpg

自動糸切や針上下ボタン、ドロップフィードもありませんので、見た目とてもシンプル。

この度はミシンテックへ整備のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2015/06/21 11:41 ] JUKI | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: