ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガーミシン 15種

先日、このブログをご覧になった方が持込みをして下さったんですが、御自宅にある足踏みミシンも診て欲しいとのことで、お伺いしてきました。

御住所をお伺いして、あれ?同じ中学の先輩でした(^o^)

古いシンガーミシンとのことで、さぁどんなのだろう?と楽しみに向かいました。

おぉ、これはシンガー15種じゃないですか!

シンガー15種といえば日本国内規格型のHA-1のモデルになったミシンで、戦前の製造だから70年以上前のミシンと言う事になりますね。

何でも親戚の方が戦争中にアメリカから持ってこられたとのこと。戦争中?もちろん戦争中はミシンの輸入はストップしていた訳で、戦前に輸入されたものを、戦争中に譲り受けたということでしょうか?あまり深くはお聞きしませんでしたが・・

製造番号を見ると、1939年スコットランド/クライドバンク工場製というのが分かりました。1939年と言えば昭和14年ですから、やはり戦前に日本に入ってきたのかもしれません。それにしても戦時下の金属供出をよくぞ免れてくれました。

このミシンのオーナーである、おばあちゃんにも同席していただいてたので、このミシンにまつわるエピソードも聞かせていただく事もできました。

このおばあちゃん、ミシンを持ち込んで下さった方のお母様になるんですが、御出身は鹿児島とのこと。なんでも指宿のお隣、山川の方がこのミシンを持ってこられたとか。山川といえば指宿に帰った時にいっつも行くとこ・・

スコットランド→アメリカ→山川って、急に身近な地名が出てきちゃいました(~o~)

製造されて76年、初めての整備だそうで、それを任せて頂ける事をとても嬉しく思いました。

で、さすがにあちこち不具合が出てましたが、それでも現地整備程度で再び元気に動くようになる訳ですから、やはり昔のミシンは強いですね!

ただ、ボビンケースが調子悪く、板バネを調整しても糸がスルスル~っと・・良くある半回転ボビンと似てはいるんですが、角の向きが反対なんです。

今でも手には入るんですが、ちょっと割高なんですよね。何とか調整して綺麗な縫い目が出たので、しばらく様子を見ていただくことにしました。

ボビンの角の向きもなんですが、針に通す糸の向きも逆なんでよね。この手のミシンは左から右ってのが普通なんですが、右から左なんです。

コピーしたはずのHA-1とはボビンケースも違うし、どうしてなんでしょうね?

いつもは現地修理のは写真も撮ってないし、記事にすること無いんですが、今回はミシンの歴史上重要なシンガー15種ということ、そしてお聞きしたエピソード面白かったので、記事にさせていただきました。

次回お伺いした際には、写真撮らせていただけるようお願いしてみようかな・・
スポンサーサイト
[ 2015/08/09 03:14 ] SINGER | TB(0) | CM(4)
写真をぜひ!
おはようございます!
ママ鉄です♪

すごいですね、戦前のミシン!
ぜひ拝見したいので、次の機会には写真を撮ってアップしてください。
カーネーションを観てたので、金属供出を免れてるところに感動します。

ボビンケースが逆向きなのも興味深いです。
どこあたりでひっくり返ったんでしょうね。
まさか、最初はパクりだけに実物鋳物の型にしたからだったりして(笑)。

今日は可部線の廃線探訪に出かけてます。始発に乗ったので眠いです💦
期間限定の廃線部分を堪能してきま~す!

更新楽しみにしてますね😉
[ 2015/08/23 07:39 ] [ 編集 ]
Re: 写真をぜひ!
morotoさん、こんにちは!

昨日の可部線廃線探訪はいかがでしたか?
期間限定ってことは特別に見れると言う事でしょうか?
それにしても広島の山奥まで廃線めぐりに行くってすごいです!

シンガー15、機会があれば写真撮らせていただきたいと思ってます。
まぁ見た目はHA-1と変わらないんですが・・

新品の時から使われてる方のお話を聞けたっていうのもよかったなぁと思ってます。
その方と共に生きてきたミシンって感慨深いです。
[ 2015/08/24 13:20 ] [ 編集 ]
お待ちしてます✊
そのとき、よければ一緒に取説とか部品とかも写真にいれてください。
ああいうの、アンティークでいい存在感醸し出してますよね(*^。^*)

期間限定っていうのは特別公開とかじゃなくてですね、再開業するまで、ってことです。
可部線は廃線になった路線が一部だけですが日本で初めて復活することになったのです。わずか2区間のみですけど。
再開業するまでに見とこうと思って、その区間を見に行ってきました。
ただ、計画ではすでに再開業してるはずなんですよね……。今のところ2016春にとなってましたが、築堤は崩れたまま、レールは撤去されたまま、終着駅は地盤も整地が終わってないという状況で、とてもじゃないですがあと3年は開業無理じゃないかな( ・_・;) いろいろあるようです。

あ、高千穂の列車の宿、とてもお勧めですよ!
温泉にも入れますし、室内もとても快適でした。
行くのが大変ですけどねヽ(^。^)丿

うちの小坊主が、ミシンとでんしゃさん見る!とうるさく、どうやらこちらのファンになったようです。鉄道写真のカテゴリーをせっせと見ております。
そちらの更新もちっこいファンが楽しみにしてますね!
[ 2015/08/24 17:39 ] [ 編集 ]
Re: お待ちしてます✊
morotoさん、ありがとうございます。

そーですか~廃線が復活するとは驚きです!
短い区間とはいえ、線路が復活するなんて嬉しいですね。

それにしても良く御存知で。


古いミシンですが、確かに味がありますよね。
そのミシンのたどってきた歴史とか思うと尚更ですね。

説明書に部品・・あったかなぁ?
両サイド三段式の引き出しだったので、あの中のどこかに・・

子供さんにもよろしくお伝え下さい。
マイナーな電車ばかりですけど、これからもよろしくです。
[ 2015/08/24 18:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: