ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

リッカー マイティ RQ-800

リッカーのミシンって修理させていただく機会が多いんですが、カテゴリにリッカーが無いのを今更ながら反省し、RICCARのカテゴリを追加させて頂きました。

さて、前記事のシンガーSN117のお客様が、後日リッカーマイティのRQ-800を持込んで下さいました。お母様が使われていたミシンとのことです。

RQ?と聞いてもピンっと来なかったんですが、なるほど希少なミシンですね。

そーいえば・・と思い取説のストックを探してみたら、RQ-3300という機種のがありました。何となぁ~く頭の片隅にあったんでしょう、実は現物見てないんです。

今回持込んで頂いたRQ-800は水平釜のボタン式、RQ-3300は取説を見る限りフットコントローラー式の半回転縦釜のようです。RQシリーズは他にもあるようです。

パッと見これは・・と思ったらやっぱり。他メーカーさんの作ったミシンをリッカーブランドで販売してたようです。1984年のマイティNC3まででリッカーオリジナルは終了したようですね。その後は1988年のRCM1130/1120からベルニナ製のミシンをリッカーブランドで販売していましたね。

NC3以降のマイティがRQシリーズに移行されたのかも知れませんね。

さてさて・・

糸調子が悪いのと、動きが重いので全体的に整備もお願いしますとの事でした。

前面カバーを外すと、特徴的な天秤構造が・・糸を上から下に通すだけというあれ。
RQ800_150909_7.jpg

通常の上下垂直ではなく、左右水平方向に動く天秤。糸がらみがありますね。
RQ800_150909_8.jpg

カバーを外して糸がらみを除去。こうしてみると天秤構造がよく分かります。
RQ800_150909_1.jpg

コードリールと電子基板がユニットで外れるのは整備上ありがたいです。
RQ800_150909_4.jpg

釜周辺のクリーニングbefore
RQ800_150909_5.jpg

after で、これから注油とグリスアップを行いました。
RQ800_150909_6.jpg

背面の糸立て棒も特徴的ですね。使わない時は下に折りたたむようになってます。
RQ800_150909_2.jpg

珍しいミシンはついついウンチクや画像点数も多くなってスイマセン(。-_-。)

糸調子は良くなったんですが、やはり構造上、はずみ車の回転は通常のミシンに比べて重いような気がします。まぁ持込んで頂いた時よりはずいぶん軽くなりました。

RICCAR mighty RQ-800 (整備後)
RQ800_150909_3.jpg

この度はミシンテックへ整備のご依頼をいただきありがとうございました。

これからも色々なミシンに出会えるのを楽しみにしております。

福岡市東区リッカーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2015/11/04 12:07 ] RICCAR | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: