ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

シンガー プレジオ 5780 模様切替カムの不具合

ブログをご覧いただいた同じ区内の方から、「模様選択ダイヤルと縫目が合わない」「送りが逆になっている」との内容で、修理のご依頼メールを頂きました。

電子ミシンなので、コンピュータミシンと違い、その辺は昔ながらの機械式。

どうやら固着かな?

お持込頂いたミシンを確認させて頂くと、固着の症状で間違いないようです。模様選択ダイヤルは回るのに、まったく模様が切替わりません。

待てよ、このフニャっとした感じ・・ちょっと重症な感じも。で、お預かりとなりました。

フニャっというのはダイヤルを回した時の事。通常ならカチッカチッと模様が切替わる感触があるんですが、腰が無い感じというか、そもそも固着なら回らないはず・・

とにかく確認ということで、本体から模様切替のカム部分をユニットで抜き取ります。
5780_150924_2.jpg

取り外した模様切替のカム部分。
5780_150924_3.jpg

やっぱり・・固着した状態で無理に回したのが原因で、部品が割れてました。
5780_150924_4.jpg

通常軸に固定される部分が、割れてしまって空回り状態。これでは模様の切替が出来るはずもありませんね。切替部分は固着して、まったく動かない状態です。

「送りが逆」というのもここに関係していて、固着して返し縫状態のままになってます。

通常「交換」する部分では無いので部品が・・原因分かってるのに、これだけのために「もう使えません」とお伝えするのもなぁ。やるだけやってっみましょう。

まずは固着部分を修理して、模様切替と送りの不具合を直します。

割れた部品ですが、その部分のプラスチックを溶かして整形しなおす方法でやってみます。元のプラスチックだけでは不足する分は、別のプラスチックを混ぜ合わせ。

この時、混ざり具合が確認しやすいように、白のプラスチックを使ってマーブル状にしてから整形していきます。力の掛かる部分なので強度が重要になります。

整形が終わったら仮組して、動作と強度の確認を行いましたが、いい感じです!

後は組上げての動作確認。カチッカチッといい感じ、もちろんちゃんと切替わります。

SINGER PREGIO model 5780 (修理完了後)
5780_150924_1.jpg


強度チェックのため、修理完了後も数日間お預かりとなりました。当初急ぎでのご依頼だったのですが、予定が変わったとの事で助かりました。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。

福岡市東区シンガーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2015/11/05 16:23 ] SINGER | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: