ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

ブラザー テンディ ZZ3-B777 送り不良

「送りが利かないし、変な音がする」との事で、修理依頼のお電話をいただきました。

住所お聞きしてびっくりw(゚o゚)wすぐ近所の方でした。

1987年登場のテンディなんですが、当時、タレントの山田邦子さんがTVCMしてたんですよねぇ。このお客様が当時のパンフを見せて下さいました。懐かしぃ~。

ミシンを確認のため動かしてみると、確かに送りが利いてないというか、かすかに動いてるって感じ。送り幅にして1mm無いくらい。カチカチ変な音もしてます。

原因は固着で間違いないようですが、どこが固着してるのか、持ち帰って調べます。

背面カバーを外して、送りにつながる部分を調べていきます。
ZZ3B777_150915_1.jpg

原因は模様切替カム部分の固着。模様は切り替わるんですが、模様に合わせて送り幅を切替える部分が固着していて、穴かがりする時の送り幅に。

どうりで送り幅が小さい分けです。穴かがりだから恐らく送り幅は0.5mmくらいです。

カチカチ音がしてたのもこれに関係してたようで、固着を修理したら音も消えました。

下糸巻き側の妻面カバーを外すとこんな感じで、複雑なベルト配置が見えます。
ZZ3B777_150915_4.jpg

↑この辺りからもちょっと異音があったので、プーリーの分解注油とベルトの張り調整をさせていただいてます。あ、もちろんお掃除も・・

以前御紹介させていただいたテンディⅡはここに小さな液晶がありましたね。
ZZ3B777_150915_2.jpg

↑左側の蓋状の所は、糸調整ダイヤルが隠れています。通常は自動なので開ける事は少ないかと。自動糸調子になってる時は、下の赤いランプが点灯しています。

ですが、こちらのお客様は自動糸調子が合わなくなって、長い事手動で使われてたそうです。今回そちらも調整させていただきましたので、「久しぶりにランプが点灯してるの見た」と喜んでおられました(*^_^*)

送り良好、縫い調子も動作音も良くなりました。

brother Tendy ZZ3-B777 (修理完了後)
ZZ3B777_150915_3.jpg

後日、近所のスーパーでお会いした際、「その後どうですか?」とお聞きしたところ、「ばっちり」とのお返事に安心致しました。

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとございました。

福岡市東区ブラザーミシンの修理はミシンテックまで。
スポンサーサイト
[ 2015/11/11 15:47 ] brother | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: