ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

復興への願いを込めて、日田彦山線を走ったA列車

豪雨災害で一部区間が不通となっている日田彦山線で「A列車」が走りました。
災害復興の願いと地元沿線の魅力をPRするために企画されたそうで、日田彦山線をA列車が走るのは初めてだそうです。

電車でA列車の出発駅である小倉に向かうことにします。

12月21日

A列車の前にちょっと寄り道。

小倉の車両工場から出てきた貨物のディーゼル機関車。
1745号機と1746号機の連番で、後ろの機関車が台車の検査を終えての回送。
1745_171221_1.jpg

ちょっと先まで行って、門司港へ向かうA列車の回送。
A日田彦_171221_1

一旦門司港へ上がったA列車が、始発駅の小倉へとやってきました。
A日田彦_171221_2

さー乗り込みます!
そうなんです、今回は沿線での撮影ではなく乗る事に。
「申し込んだので21日は空けといて下さい」と言われてたもので(笑)
ありがたく乗せていただきました。

日田彦山線に入った石田駅で休憩中。
この駅で車内で提供される料理の積み込みも行われました。
A日田彦_171221_3

その料理、おつまみ程度の軽食と聞いていたのに豪華!
小倉に着いて色々買出ししたけど、これだけで充分でした(笑)
添田町にあるイタリアンレストランの料理が、小石原焼の器に盛られた物。
6ヶ所の窯元が、それぞれ個性的な器を提供されてました。
「食べ終わった後の器はお持ち帰り下さい」と言うのがまた嬉しいですね。
A日田彦_171221_4

停車駅での地元の方々のお出迎え、沿線で手を振ってくれたりと感動でした。
他の臨時列車が走るときもそうですが、日田彦山線は沿線の方々に愛されてるんだなぁ~というのが伝わってきますね。
ですから尚の事、不通区間の復旧を願う気持ちも強いんでしょうね。
記念に頂いた乗車証も、朝倉の木を使った物でした。

そうこうしてるうちに折り返し駅の添田に到着。
停車時間5分しか無いのに、ぼぉ~っとしてて危うく置いてかれるとこでした(汗)
目の前の構内踏切が鳴ってるのに発車時間に気づいて無いと言う・・

帰りは停車時間の長い駅も、ドアの開かない運転停車がほとんど。
降りたり乗ったりも無いのでのんびり。
ここ池尻駅でも20分ほど停まってました。
A日田彦_171221_5

楽しい時間は過ぎるのも早いもの、あっという間の4時間で小倉に到着です。
みんなが降りた後、門司港に引上げるのをお見送り。
A日田彦_171221_6

A列車はその日に熊本へ帰るので、回送を撮りつつ福岡へと戻る事にします。

門司港から小倉に戻って来たとこ。
A日田彦_171221_7

ながぁ~く停まる八幡で追いつきます。
A日田彦_171221_8

先にA列車が発車して行きますが、遠賀川での停車中に先を越して古賀で。
A日田彦_171221_9

香椎で降りて、リニューアル電車の8両編成を撮って帰ります。
811_171221_1.jpg

A列車で散々飲んで、帰りは小倉から立ちっぱなし。
さすがにくたびれたからバスで帰ろうかな~と時間見たけどバスが無い・・
しょうがないから西鉄電車で名島に行って、あとは歩いて帰ります。
疲れた所に西鉄電車の赤いふかふかシートは癒されます(笑)
やっぱりこれが一番落ち着くなぁ・・

久々に長時間でんしゃに乗った1日でした。
[ 2017/12/24 11:29 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)

埠頭の新幹線

昨日は予定通りカブ号のパンク修理を行いました。
ここ最近にしては暖かかったので、外での作業には好都合。
はて、原因は何だったのか?
タイヤの外側見ても分からず、内側を手でするぅ~っとしてみたら、チクッ。
1センチ程度の細ぉ~いワイヤ見たいのが刺さってました。
今朝起きて確認しましたが、空気抜けてなかったので大丈夫かな(笑)

そのカブ号で、博多埠頭に見に行った新幹線。
まだまだ暑い夏の終わり頃。

9月6日

この日は16号車。
右上にちょこっと見えてるのは、都市高速の荒津大橋。
700埠頭_170906_1

いいとこで一旦停止。左上にポートタワーと、特徴ある国際ターミナルの屋根。
700埠頭_170906_2

埠頭を出発する所まで見送って帰ります。
700埠頭_170906_3

9月11日

この日は1号車。
右にポートタワー、中央はテレビ局のアンテナかな?左は国際ターミナル。
700埠頭_170911_1

12月21日

ちょうどカブ号がパンクしてた先日も、博多埠頭に新幹線がやってきました。
700埠頭_171221_1

今回は1号車しか撮ってませんが、向きが逆ですね。
ここからいつもの出発地点の交差点まで、バックで押し出して行きました。
左上にちょこっと福岡タワーの先っぽが見えてます。
700埠頭_171221_2

いつもの通り、埠頭を出発するとこまで。
700埠頭_171221_3
[ 2017/12/23 16:19 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)

昔色の団体列車

昨日カブ号に乗ろうと思ったらパンクしてました。
またまた後輪。
自分の体重で後輪に負担掛かってるのかな?と最近思うところ。
今日仕事の合間にパンク修理するやつ買ってきました。
明日は出掛けるから明後日の朝しようかな?午後には使う予定なので。

今年も昔色のディーゼル車を使った団体列車がいくつか走りましたね。
近所を走ったのだけ撮影に行ってきました。

3月19日

この日は乗る側だったのでほどんど撮影はしてませんが・・
ヘッドマークを取り付けて出発準備完了!
古賀から八幡に向かい、筑豊本線経由で原田から古賀までぐるりのしらつち号
66_170319_1.jpg

7月9日

平成筑豊鉄道の団体列車に参加させていただいた日。
途中の金田駅で、車庫に保管されている古いディーゼル車の見学がありました。
関東のほうで使われてたそうですが、元々は北海道の車両だったみたい。
九州とは縁の無い車両だそうですが、この色は九州に縁のある昔色だそうで。
「はんだ」と言うのは筑豊で走ってた急行列車かな?
キハ2002_1

昨年の10月にフェリーに載ってやってきたのを、新門司の港に見に行ってました。
向こうにいた時からこの色だったんですね。
キハ2002_2

11月23日

旅行会社貸切の団体列車が、門司港から博多まで走りました。
6667_171123_1.jpg

11月25日

毎年恒例となった日田彦山線のみのり号
ただ今年は豪雨災害で添田から先が未だ不通の状態。
みのり号の運転区間も短縮で、お客さんは目的地までバス移動でした。

直方の車庫から小倉へと回送。
みのり_171125_1

休憩を兼ねて長く停まる駅で、普通列車が先行して行きます。
みのり_171125_2

筑豊の象徴、香春岳の麓にあるセメント工場。
みのり_171125_3

ちょっと先回り。
みのり_171125_4

今年はちゃんと(初!)折り返しも撮りました。
と言っても添田に近いここだけ。
ここからなら嘉麻市通って篠栗町に抜けて、速攻帰れますから(笑)
みのり_171125_5

明日、12月21日はここ日田彦山線でA列車の団体列車が走ります。
普段は熊本の三角線で走ってるA列車が、初めて日田彦山線を走るそうです。
日田彦山線を走るA列車、「沿線で撮りたかったなぁ」と思いつつ・・
[ 2017/12/20 23:57 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(3)

はやとの風もやってきた

日豊線が災害で不通になってる間に、鹿児島の肥薩線で走ってる「はやとの風」も肥薩・鹿児島線に迂回して、検査で小倉にやってきました。

博多のお隣竹下まで白と黒の2両でやってきたんですが、竹下からは唐津からやってきた黄色もくっ付けて3両で工場に向かいます。

11月12日

博多に「はやとの風」がやってきたのは何年振り?
はや風_171112_1

黄色を先頭に、この日は福北ゆたか線を通って直方まで向かいます。
はや風_171213_2

11月13日

翌日、直方から小倉の工場へと向かいました。

「はやとの風」もですが、黄色いのが筑豊に来ることもめったにないですね。
以前は筑豊本線の末端、原田線で走ってた時期もありましたが・・
はや風_171213_

先日、その「はやとの風」が走る肥薩線に、クルーズ列車を撮りに行ってきました。
わざわざクルーズ列車を撮りに、なんてありえないですが(笑)
この列車も日豊線不通の影響での迂回コース。
その迂回コースの栗野の鉄橋だけはどうしても撮りたかったんです。
迂回コースになってからずぅ~っと言い続けて、ようやく20日に行く約束でした。
ところが日豊線の復旧予定が早まるにつれ、運転予定日が27日→20日→13日と変更されていき、駆け込みでどうにか撮れたのでした。

12月13日

念願の?栗野の鉄橋(笑) 晴れてくれてよかったです。
ななつ_171213_2

「はやとの風」は片方が工場で検査中なので、「いぶすきのたまて箱」の車両が変わりに使われてます。
はや風_171213_1

明日18日に日豊線は復旧するみたいですね。
[ 2017/12/17 23:27 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)

なのはながやってきた

鹿児島の指宿枕崎線を中心に活躍する黄色いディーゼル車「なのはな」。
時折工場で検査を受けるために小倉まで上がってきます。
いつもは日豊線で宮崎・大分を経由するんですが、災害の影響で通れず。
検査を終えた「なのはな」が鹿児島・肥薩線経由で鹿児島に帰って行きました。

盆や正月に指宿で会う「なのはな」が、向こうから福岡にやってきました(笑)

こちらはお盆の8月14日に撮った「なのはな」。
なのはな_170814_1

10月20日

ドシャ降りの雨の中、多々良川を渡って行きました。
当日は熊本まで、翌日肥薩線経由で鹿児島に帰ったそうです。
肥薩線内は撮影向きのいい時間だったようですねー。
むかぁ~し「なのはな」が肥薩線や吉都線を走った時はわざわざ行ったような・・
今はそんな気力も無くなりました。

番号見たら502って、これ赤色で香椎線で走ってたやつ?里帰りですね(笑)
nano_171002_1.jpg

10月18日

工場で検査を受ける「なのはな」が肥薩・鹿児島線経由で上がってきました。

隣の赤いのは、久大線が災害で不通になってる影響で運転されてる回送列車。
どちらも災害がらみというのが・・
今年は大雨による大きな災害が多い年でもありました。

香椎線から赤いのが鹿児島に移った時は、こんな組合せも見れましたね。
なのはな_171018_1

10月19日

地元、千早駅に「なのはな」がやってきました。
なのはな_171019_1

天気悪いので駅で撮ろうと電車で先回り。
なのはな_171019_2

もうここを「なのはな」が通る事は無いのかな?
スペースシャトルの遊園地も今年いっぱいで閉園するそうで・・
なのはな_171019_3

もうすぐ日豊線は災害復旧で開通するそうですね。
この「なのはな」も、帰りはいつもの日豊線経由になるみたいです。

また指宿で会いましょう。
[ 2017/12/16 22:46 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。