ミシン修理屋のお仕事と趣味のお話

JUKI ザ・ミシン HZL-7700 糸調子不良 基板交換(中古)

ザ・ミシンシリーズが続きます。
こちらはブログをご覧頂いたお客様で、県内から宅配便で送って下さいました。
糸調子が悪いとのことで、縫い見本も一緒に送って下さいました。
先にメールの画像でも拝見してたんですが、やはり現物が助かります。

見たらすぐに分かる上糸調子の悪さ。
上糸が緩い状態で、これだと糸調子器の悪さが疑われます。
確認してみるとやはり・・

ストック部品から電磁マグネットを交換してみましたが駄目・゚・(つД`)・゚・
押さえのセンサーも調整してみたけどだめで、どうやらメイン基板みたい。
誤信号が送られてるようで・・
こーなると工賃考えても基板ごと交換が最善かと。
HZL7700_160507_2.jpg

先にも書いたように基板はとっくにメーカー出荷停止。
中古の部品取りを探すしかありません。
ここに来ると買換えという選択肢も出てきますが、どうしてもこのミシンを直して使いたいとの、お客様の強い御要望で修理させていただくことに。
ただ、状態のいい部品取りもそうそう無く、数ヶ月と言う単位でお待ち頂く事に。
幸い日にちは掛かっても構わないと言う承諾をいただけました。
配線がいっぱいつながってる部分がメイン基板、その向こうがディスプレイの基板になります。ディスプレイ側の基盤が壊れる事も時々あります。
ディスプレイ側の基盤が壊れて模様選択が出来なくなったり・・
メイン基板に比べると部品取りを探すのも楽ではあるんですけどね。
HZL7700_160507_3.jpg

部品取りが見つかるまで他の部分の整備を済ませておきます。
HZL7700_160507_1.jpg

結果2ヶ月ほどで状態のいい部品取りが見つかりました。
部品取りと言ってもそのまま使えるほど。
ちょっともったいない気もしますが、他の部品もいずれ生かせますしね。
これで糸調子も良くなって、また使って頂けるようになりました。

JUKI the misin HZL-7700 (修理完了後)
HZL7700_160507_4.jpg

この度はミシンテックへ修理のご依頼をいただきありがとうございました。
また、部品取りが見つかるまで気長にお待ち頂き感謝いたします。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。

[ 2017/02/01 14:16 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

JUKI ザ・ミシン HZL-7700 釜の糸食い込み

続けて同じくJUKIのザ・ミシンシリーズ、HZL-7700です。
ATシリーズで言うとこの、AT-1000と同型の色違い。
シリーズ最高峰と言いますか、文字・模様縫いができる機種になります。
前記事のAT-730より1年早い1986年の登場。

前記事でも触れたとおりタテ釜全回転の職業用ボビンを使うタイプ。
その職業用の釜は、糸や針の折れたのが食込んだりすると厄介ですね。
半回転タイプだと簡単に釜部分が分解出来て、食込みの除去も簡単。
運よくグリッと無理やり動かして取れる場合もありますが・・
糸ならまだしも、針だと釜に傷が入る恐れもあります。
ほんのちょっとの糸が食込んだだけでも、がっちり固まってしまいます。
職業用含め、このタイプの釜をお使いの方は少なからず経験があるのでは?

釜を抜き取ってから作業する場合もありますが、今回は付けたまま。
すでに釜を分解した状態です。
普段は見えない部分にゴミが溜まってますね。
HZL7700_160426_1.jpg

分解した釜の部品。
小さなネジもありますので、無くさないよう注意が必要です。
まーネジの在庫はいっぱいありますが(笑)
HZL7700_160426_2.jpg

こちらは持ち帰りでの修理でしたが、この程度の修理は現地でも可能です。
困った時はいつでも御用命下さいm(-。-)m

この度はミシンテックへ修理をご依頼いただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2017/02/01 13:27 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

JUKI ザ・ミシン AT-730 糸調子不良 モーター不具合

さあ2月になりました。
予告どおり今月はミシン記事のほうもがんばって行きましょうかと。

さて、今回はJUKIのコンピュータミシンAT-730です。
職業用と同じボビンを使う、タテ釜全回転のザ・ミシンシリーズ。
ボビンケースはジグザグミシン兼用の口広タイプなんですが、職業用ミシンのシュプールシリーズも同じボビンケースを使ってますね。
同じザ・ミシンでHZLシリーズもありますが、ATとHZLはカラーリングの違い。
AT-730はHZL-7500と同仕様の色違いになります。

ご依頼内容はモーターが回らなくなったとの事。
固着?と思ったんですがモーターの回る音がしないとのこと。
カーボン切れ?でもそこまで使い込んでる感じでも無さそう・・

とにかく分解して確認してみましょう。
AT170_160421_4.jpg

今回は分解整備もご依頼頂いてるので、基板も取り外してクリーニング。
AT170_160421_3.jpg

釜周辺はこんな感じで汚れてました。ギヤの割れなどは確認されませんでした。
AT170_160421_1.jpg

で、原因はモーターの焼きつき。
時々あるんです、モーターの軸が焼きついてたり、錆び付いて動かないのが。
モーターを取寄せて交換と行きたいとこですが、さすがに部品はありません。
何せ1987年のミシンですからね。
AT170_160421_2.jpg

部品取りのミシンを探すしかないかな・・
ストック部品を確認してみると、お!、行けそう!
ということで同規格のモーターがあったのでそれを使うことに。
ただAssy交換とはいかず、ご覧の有様。
部品をあちこち組み替える事に。
AT170_160421_6.jpg

モーターの件は無事に終わりましたが、残るは糸調子。
お預かりの際に糸調子が悪いのも気にしておられましたので。
このミシンは電気式の糸調整なので、そこが壊れてるとかなり厄介。
電磁マグネットが2箇所も使ってあるんです。
原因が分からず基板から交換なんて事もありえます。
もちろんメーカー出荷は終了してるから、部品取りからなんですが、その部品取りのミシンも壊れてたりして・・
今回は機械的な部分の油切れが原因で助かりました(ほっ)

外装のクリーニングも済ませて完了です。
他店さんの貼ったシールは許可を頂いて剥がしてます(笑)
もう無い販売店のシールでしたしね。

JUKI AT-730 the misin (修理完了後)
AT170_160421_5.jpg

このミシンに大変愛着を持っておられるお客様でしたので、無事にお返しする事が出来て良かったです。

この度はミシンテックへ修理をご依頼いただきありがとうございました。

福岡市東区JUKIミシンの修理はミシンテックまで。
[ 2017/02/01 12:26 ] JUKI | TB(0) | CM(0)

新しいディーゼル機関車

新しいディーゼル機関車がやってきて、引退かな?と思ってた昔色ディーゼルの1202号機がまた大牟田に行くようで・・
昔色というのはいわゆる国鉄色ってやつなんですが、国鉄色とか国鉄型なんてのが今は人気がありますね。もちろんそれもいいですが、それより私は産業型。
産業型って言うのは主に工場の引込線や貨物駅での入換に使われる機関車。
機関車なんですが、車籍の無い機械扱いなのがほとんど。
言ってみれば工事現場で活躍する重機みたいなものでしょうか?
ナンバーが無いから一般道は走れないみたいな・・
線路で言えば車籍が無いと本線走れないみたいな・・

前置きが長くなりましたが、今度やってきた新しいディーゼル機関車、車籍はあって立派に「機関車」なんですが、見た目が産業型みたい。
角ばった車体に連結器周りの警戒色(ゼブラマーク)。
何かで初めて見た時から気になっていました。
その機関車がようやく九州にもやってきたのです。
それも地元福岡の貨物ターミナルに。

1月21日

この日は日田彦山線で臨時列車が走った日。
そちらも黒いディーゼル機関車が、SL用の客車を引いて気になるところ。
ですがやっぱり貨物の機関車はそれ以上に気になりますヽ(´∀`)ノ

北九州から札幌発の貨物列車につながれてやってきます。
この日は貨物列車が遅れていて、予定より1時間遅れかな?とのこと。
結局やってきたのは2時間半遅れ・・
406HD_170121_1.jpg

1月24日

どれどれ動いてるかな?と地元の貨物ターミナル駅へ行って見ます。

お、居ました!
今年の1月に出来たばかりの新車でぴっかぴか~。
HD25_170124_1.jpg

HD300型の25号機だそうです。
Hはハイブリッド、Dはディーゼル機関車という事かな?
そう、この機関車はハイブリッド機関車なんです。
HD25_170124_2.jpg

しばらくして動き出しました。
静か!
今までのディーゼル機関車みたいにガーガー言いません。
さすがハイブリッド・・ってどういう構造なんでしょうね?
まー今までのディーゼル機関車とは明らかに違うのは分かりますヽ(´∀`)ノ

背景の物流倉庫にもよく似合ってますね。
HD25_170124_3.jpg

貨車の引き出しを終えて、また目の前の線路に戻って来ました。
HD25_170124_4.jpg

車体にギザギザあるので、こちら側にエンジンが入ってるのかな?
HD25_170124_5.jpg

エンジン切ってお昼休みのようです。
HD25_170124_6.jpg

[岡]の文字が見えますが、この機関車は岡山にある機関区の所属だそう。
正式には九州の機関車では無いようで・・
HD25_170124_7.jpg

1月25日

天気が良かったのでまた見に来ました。
近所なもので・・

この日は同じ線路を行ったり来たりしてました。
HD25_170124_8.jpg

新旧ディーゼル機関車の顔合わせ。
HD25_170124_9.jpg

趣味的には新旧共存の今が、一番楽しい時なのかも知れませんね。
[ 2017/01/31 20:13 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(2)

雪の篠栗線

昨日今日と寒さが和らいでまぁ過ごしやすいかな?
それでも寒いですけどね。

その寒さが今冬一番厳しかった日、起きてみたら家の周りが薄っすら雪化粧。
ちょっと行ってみようと篠栗線。

「雪が降ったら篠栗線」も、ここ数年行ってなかったような・・
久しぶりに雪の篠栗線。
雪はそれほどではなかったものの、うちの周りに比べたらしっかり雪でした。

篠栗線の電車はみんな地味なので、雪だと目立たないのが残念。
昔走ってた赤いディーゼル車だったら良かったんですけどね。

1月23日

多々良川を入れる定番アングルのとこ。
考える間もなく後ろから長めの電車がやってきました。
とりあえず1枚。
さぁアングルを決めようと思ったら、奥のほうから重機がやってきて橋の下に。
そのまま放置して運転してた人はどっかへ行ってしまいました・゚・(つД`)・゚・
篠栗雪_170123_1

ちょこっと移動して重機の隠れる位置で何本か撮りました。
時折日が差したりしてたので待ってたんですが、結局ドン曇りの雪写真。
待っても変化無さそうで、場所を移動します。

木に付いた雪が綺麗です。
篠栗雪_170123_3

ちょっと下に降りたとこで何本か撮って帰りました。
篠栗雪_170123_4

この日は朝から電車が遅れ気味。
寒い中、何時に来るか分からない電車を待つのは辛いですね。
まぁ篠栗線はそこそこ本数あるからいいんですが・・
[ 2017/01/29 14:54 ] 鉄道写真 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ミシンテック

Author:ミシンテック
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 
福岡市 ミシン修理
misin tec (ミシンテック)
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

福岡市東区を拠点にミシン修理を専門にがんばってます!

ミシンをはじめ縫製用品の販売や洋裁教室のご案内などもしてます。

趣味で電車の写真を撮ってますので、仕事の話や電車の話を紹介していきます。

ミシンに関するご質問等ございましたらお気軽にメール下さい。

eh500_momo@yahoo.co.jp


お電話でのお問い合わせは・・

090-8629-4792 まで。

最新トラックバック
ようこそ!misin tecへ
現在の閲覧者数: